ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

手当だまし取る3等海曹を免職 海上自衛隊横須賀

3/20(火) 7:40配信

カナロコ by 神奈川新聞

 海上自衛隊横須賀地方総監部は19日、男性隊員2人を懲戒処分にした。

 同総監部によると、横須賀造修補給所所属の40代の3等海曹は、知人の女性と内縁関係にあると偽って、2013年に営舎外居住を申請。昨年12月までに営外手当など計約186万円をだまし取った、として懲戒免職処分になった。

 3等海曹以下の隊員は独身の場合、営舎内に住む決まりになっており、「営舎外居住になれば当直回数が減らせ、外出手続きの必要もないため安易に考えた」と話しているという。

 第2術科学校所属の40代の1等海尉は、当て逃げをしたとして停職12日の懲戒処分。昨年5月21日に逗子市内で乗用車を運転中に対向車と接触したが、そのまま立ち去り、同年12月に道交法違反罪で略式起訴され、罰金5万円を支払っていた。