ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【速報】大坂、セレナ相手に第1セットを6-3で先取[マイアミ・オープン]

3/22(木) 6:25配信

THE TENNIS DAILY

「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/3月20日~3月31日/ハードコート)の1回戦で大坂なおみ(日本/日清食品)がセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦中。大坂が第1セットを6-3で先取した。

【LIVE速報】大坂なおみ VS セレナ・ウイリアムズ

両者は初の対戦。「BNPパリバ・オープン」でツアー初優勝を飾った大坂が、グランドスラムシングルスで23回の優勝を誇るセレナというレジェンドに対してどんなプレーを見せてくれるのか期待が掛かる。

第1セットはセレナのサービスエースから始まった。セレナの力強いサーブに大坂は対応できず、ラブゲームでキープされた。第2ゲームの大坂のサーブをセレナがワンハンドのダウン・ザ・ラインで鋭く返したときは、このまま圧倒されるのかと思われたが、大坂は落ち着いたプレーでポイントを重ね、40-15とする。しかし、自身のダブルフォルトなどでデュースになってしまうとセレナにブレークポイントを握られてしまう。しかしここをなんとか大坂はキープ。急成長を遂げた大坂がセレナ相手に堂々たるプレーを見せた。

試合は、お互いに一歩も譲らずにキープする展開が続く。第4ゲームは大坂がセレナ相手にラブゲームでキープする場面もあった。また、第6ゲームではセレナにデュースまで詰められるも、強烈なサーブとダウン・ザ・ラインで落ち着いてキープ。

試合が動いたのは第7ゲーム。セレナのミスが続き、大坂は0-40とリードするとブレークに成功。先に試合をリードするのは勢いに乗る大坂だった。

第8ゲームもデュースまで追い上げられたが、大坂はここをなんとかしのぎ、ゲームカウント5-3で第9ゲームを迎えた。セレナの時速190kmを越えるサーブに苦しめられる大坂だったが、デュースまで追い上げる。クロスにリターンを放つセレナに対し、必死に走ってボールを追いかける大坂は、負けじと強烈なダウン・ザ・ラインを決めてアドバンテージを奪うと、続くラリーでセレナのショットがアウトとなり、第1セットを6-3で大坂が先取した。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在、第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は第1セットを選手した大坂なおみ(「BNPパリバ・オープン」決勝のときのもの)
(Photo by John Cordes/Icon Sportswire via Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:3/22(木) 7:02
THE TENNIS DAILY