ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【映像】コソボ野党が議場に催涙ガス 国境線承認を巡る採決を妨害

3/22(木) 11:41配信

AP通信

プリシュティナ、コソボ、3月22日 (AP)― バルカン半島中部コソボの国会で3月21日、隣国モンテネグロとの国境線策定に関する2国間合意の承認を巡る採決の最中、証人に反対する野党議員が催涙ガスを議場に放出させて議事進行を妨害する騒ぎがあった。
 採決が始まろうとしたときに、野党で右派の「自己決定運動」議員が催涙ガスを議場に放出させたため、採決は中断され、議員は議場から避難した。同運動議員らは、議事が再開されると再び催涙ガスのペレットを議場に投げて採決を妨害したため、野党議員5人が逮捕された。
 旧ユーゴスラビアの一部だったコソボは、隣国モンテネグロとの間で暫定的な国境線を画定することで合意に達しており、この日は同合意を承認するか否かの採決が行われる予定だった。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:3/22(木) 11:41
AP通信