ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「いつも私ばっかり」はもう嫌。「旦那にもっとやってほしい家事」ベスト3

3/22(木) 12:01配信

マネーの達人

皆さん、ご主人と家事の分担を出来ていますか?

多くの家事が女性に偏りがちで、世の女性は不満を抱えていることでしょう。

そこで今回は、「旦那にもっとやってほしい家事」について筆者が共働き世帯のママさん計30名に独自にアンケートを実施。

ベスト3とその理由について、紹介します。

3位 … 洗濯物を畳む(5人)

朝食を作りながら洗濯をし、干してから出社するというハードな朝。

帰宅して疲れているなか、それでも洗濯物を畳まなきゃ…とムチをうって家事をこなす女性陣。

ご主人、そんな奥さんの姿を見て気付いてください!

「朝のバタバタな時間に、洗濯機を回して洗濯物を干していっています。帰ってきてから取り込んで、その後子どもの寝かしつけが終わってから夜な夜な畳んでいる私。疲れているのはお互いさまだし、気付いたなら取り込んだ洗濯物畳んでくれたらいいのに!」(30代女性・保険営業)

そもそも気付いていないなら視野が狭すぎますし、気付いていてもやらないなら「やってくれるだろう」と依頼心が強い証。

社会に出て疲れているのは一緒なのに、手伝ってくれないのは寂しいしイラっとしてしまうものです。

「洗濯乾燥機の中でくちゃくちゃになったまま、夜になることはザラ。でも、主人は気付かず帰ったら風呂、ご飯、そしてゲーム…。遊ぶヒマあるなら先に洗濯物畳むくらいやってほしい」(20代女性・会社員)

ゲームするヒマがあるなら家事をして欲しいというのは当たり前の理論ですよね。

でも、案外こういうご主人って多いのではないでしょうか。

2位 … ゴミをまとめる・捨てる(8人)

一見大変な家事に見えないゴミの分別やゴミ捨てですが、子連れだと結構ツライようです。

「朝、子どもを抱っこしながらゴミを捨てるのは結構キツイ。数分で終わるんだしゴミ出しくらいやってほしい」(30代女性・衣料品販売員)

子どもと手を繋ぎながら、ゴミも持たなきゃ…でも仕事のバッグも…となると、手が何本あっても足りませんよね。

何十分もかかる家事ではないだけに、手伝って欲しいという女性が多いんです。

また、「出社のついでに済むんだからやってほしい」という切実な意見も。

「ゴミの分別、ゴミ捨てくらいはやってほしい。どうせ出社するときついでに捨てられるんだから」(40代女性・公務員)

わざわざどこか遠くへ捨てにいくワケでもなく、数分で終わるのにそれをやってくれない…となると、女性のイライラは募るばかり。

1/2ページ

最終更新:3/22(木) 15:02
マネーの達人