ここから本文です

トロロッソ・ホンダF1密着:日本のファンだけでなく会社をあげてのサポートにドライバーも奮起

3/22(木) 20:26配信

オートスポーツweb

 オーストラリアGPへ向かう直前、トロロッソ・ホンダのドライバー2人は、東京・六本木で催されたキックオフイベントに参加。日本のファンから熱いエールをもらった。

【写真】キャラクター化?ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーの立ち看板

 今年、初めてF1のフル参戦ドライバーとなったピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーにとって、オーストラリアGPは初めて臨む開幕戦。だが、メルボルンのパドックでの2人には、そんなことを感じさせない自信が感じられた。 

 それは日本を出発する前にエールをもらったのは、ファンからだけではなかったからだ。

「イベントの後、ホンダの社長と一緒にランチを食べる機会があった。そこで社長は『全力でサポートするから、君たちも頑張って』と励ましてくれたんだ。F1は開発の競争だから、メルセデス、フェラーリ、ルノーに追いつくためには僕らはそれ以上の開発をしなければならない」

「ただ、まだ僕らのコラボレーションは始まったばかりだということを考えれば、ここまではいい仕事をしていると思う。方向性は間違っていない」と、笑顔で語ってくれたガスリーだったが、ホンダに確認したところ、実際にランチを一緒にとったのはブランド・コミュニケーション本部長の森山克英と山本雅史モータースポーツ部長たちだった。

 なぜガスリーが社長と勘違いしたのかは不明だが、ガスリーにとってはホンダが会社をあげて真剣にサポートしてくれていると感じていることには変わりない。

 その想いに応えるかのように、栃木県にある本田技術研究所『HRDさくら』もオーストラリアGPに向けて信頼性の確認を行い、万全の体制でパワーユニットを2人に供給する。



「テストの最終日に起きたトラブルは、電気系がらみでちょっと変なデータが出たために止めました。そのデータを精査し、不具合や不適切なところを特定できたので、それをキャリブレーション(正しく調整)し、ダイナモ上で確認して、最適にしたものを持ってきています」と田辺豊治ホンダF1テクニカルディレクターは語る。

 田辺TDにとっても、F1の現場は2007年以来、11年ぶりとなる。

「今回は個人的に久しぶりのF1開幕戦になり、身の引き締まる思いです」という田辺TD。同時に「チームはこの日のために多くの努力を重ね、シーズン開幕に向けいい準備ができました。いまできるところはすべてやってきたと思います。チーム一丸となってレースに挑みます」と、いい緊張感に包まれている様子。

 開幕戦へ向けた抱負を尋ねられると、地に足をつけて次のように語った。

「確実にレースを走りきる。それが最初の目標で、第一歩です」

[オートスポーツweb ]