ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

KAT-TUN「ただいま」 再始動宣言後デビュー記念日に初イベント

3/23(金) 4:00配信

デイリースポーツ

 2016年5月から活動を休止し、充電期間に入っていた男性3人組グループ・KAT-TUNが、デビュー記念日に当たる22日、横浜市の大さん橋でイベントを行った。今年の元日に活動再開を宣言してから、グループとしての活動は初めて。本格始動となる4月20日からの東京ドームコンサートを前に、ファンクラブメンバーに「ただいま」を告げた。同イベントはジャニーズ史上初めてLINELIVEで全世界に生配信された。

【写真】亀梨、大杉漣さんを偲ぶ

 海風がさわやかな屋外で、3人がファンに帰還を告げた。16年5月1日の東京ドーム公演をもって充電期間に入ってから1年10カ月あまり。デビュー記念日に直接ファンにメッセージを届けた。

 中丸雄一(34)は「お久しぶりです、あらためまして、われわれがKAT-TUNです」と照れながらあいさつした。上田竜也(34)が「グループでお客さんの前に立つのすごいうれしいですね。すげー幸せを感じてます」と語ると、3000人の観客は大歓声。昨年大みそかから今年の元日にかけてのジャニーズ事務所のカウントダウンコンサートで、3人そろって再始動を報告していたが、この日は“KAT-TUNだけのファン”にあらためて「ただいま」を告げた形だ。

 再始動までの道のりは決して楽なものではなかった。06年に6人でデビューしたが、メンバーの脱退が相次ぎ、16年には3人に。解散もうわさされたが、同年から充電期間に入り、個々がドラマや舞台、司会業などで、自分を磨いた。

 亀梨和也(32)は「これからはいいことばっかり積めるよう、頑張っていきたい」と宣言。「活動再開時期を明言していなかったのに、(ファンの)皆さんがしっかり支えてくれた。これからしっかり返していきたい」と恩返しを誓った。4月20日からは本格始動となる東京ドーム公演が控える。亀梨は「僕らの2年分の思いをしっかり乗っけて、笑顔で次に進めるライブにしたい。大きな船出にしたい」と力強く語った。