ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

テレ朝「ワールドプロレスリング」で飛び出した「ジャンボ鶴田」発言…金曜8時のプロレスコラム

3/23(金) 8:03配信

スポーツ報知

 18日未明に放送されたテレビ朝日系の新日本プロレス中継「ワールドプロレスリング」で、面白いシーンがあった。鈴木軍の“世界一性格の小ズルい男”タイチ(38)が、デビューから15年にして、まさかのヘビー級転向という話題についてカメラに向かって語っていた。

【写真】ヘビー転向で内藤哲也に完敗したタイチ

 「年数とか関係ないだろ、別に。1年だろうが、2年だろうが、30年だろうが。『人生はチャレンジだ』って、ジャンボ鶴田が言ってたよ。会ったことないけど」とにやけながらコメントしたのだ。

 新日本プロレスの中継で元全日本プロレスのエース、ジャンボ鶴田さんの名前が出るとは…。タイチは、実は、最初に入門したのは全日本プロレスだった。鶴田さんが亡くなったのは2000年で、タイチが入門したのは翌01年だから、接点はなかった。それでも、鶴田さんの名言は、刷り込まれていたのだ。

 「人生はチャレンジだ」この名言は、実は鶴田さんの師匠・ジャイアント馬場さんの言葉だったことを思い出した。99年3月6日、日本武道館で行われたジャンボ鶴田引退セレモニーで、鶴田さんは、こうスピーチした。

 「米国のポートランド州立大学の教授に就任することが決まりました。ジャイアント馬場選手のちょうどご逝去ということになり、時期の延期とか中止なども考えましたが、馬場選手がいつも僕にそう言ってくれたみたいに『人生はチャレンジだ! チャンスは掴め!』と、その言葉を信じ今日の決断となりました」

 師匠・馬場さんのことを亡くなってからも「馬場選手」と呼ぶとは。インタータッグの王者コンビだったというパートナー意識が強かったのか。スピーチを続けよう。

 「私はここに引退はしますけど、全日本プロレスには有望な若手がたくさんおります。三沢、川田、小橋、田上、いい選手がいっぱいいます。ですから、ファンのみなさま、ぜひ、これからも全日本プロレスに熱きご指導とご支援を切に切によろしくお願い致します」

1/2ページ

最終更新:3/23(金) 8:03
スポーツ報知