ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【福岡】恐喝の元中間市議に有罪判決

3/23(金) 11:14配信

九州朝日放送

九州朝日放送

暴力団の影をちらつかせて現金を脅し取ったとして恐喝の罪に問われた元中間市議に対し、福岡地裁小倉支部は執行猶予がついた有罪判決を言い渡しました。判決によりますと元中間市議会議員の米満一彦被告(76)ら2人は2016年、太陽光発電所の建設工事を巡って広島県内の発注元に「広島の会を通じて話をすることになる」と暴力団の存在をちらつかせるなどして、現金約300万円を脅し取りました。福岡地裁小倉支部の久次良奈子裁判官は「反社会的勢力の介入などを示した手段は悪質で、関係者に与えた不安や恐怖は多大だ」と指摘しました。一方で「反省や謝罪を述べ市議も辞職している」などとして、米満被告に対し懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

最終更新:3/23(金) 11:14
九州朝日放送