ここから本文です

2018年度の予算は過去最大、日本代表の価値はいくらなのか|日本代表のマーケティング

3/23(金) 19:43配信

SOCCER KING

 2018年6月、我らがサッカー日本代表が6度目のワールドカップに挑む。前哨戦として3月23日にはマリ代表と、27日にはウクライナ代表との試合を実施。5月30日にはガーナ代表との一戦をこなし、更に6月に2試合の強化試合をヨーロッパで行い最終目的地であるロシアへと向かう。

 日本代表の活動や戦いは選手たちのみで行われているわけではない。さまざまな企業で働く社員たちが日々汗水を流して生み出した資金があってこそ、選手たちは充実した環境や条件で目の前の試合に臨める。公益社団法人日本サッカー協会でマーケティング部部長を務める野上宏志(のがみ・ひろし)さんが「ブランディング」の重要性を教えてくれた。

構成=菅野浩二
写真=野口岳彦
協力=公益財団法人日本サッカー協会、一般財団法人スポーツヒューマンキャピタル

■日本サッカー協会の年間収益のうち約70%は日本代表関連

 日本代表は文字どおり、日本サッカー界の大黒柱です。トップクラスの選手たちが集結するという意味だけではありません。日本サッカー界におけるマーケティング部分においても、大きな屋台骨となっています。

 創立から95年目となった2016年度以降、おかげさまで私たち公益財団法人日本サッカー協会の経常収益は200億円を超える年度もあります。私たちは公益財団法人ですので、狭い範囲で収益を使うわけではありません。社会全般の利益になるための公益的なサッカーへの投資を常に念頭に置いています。

 平たく言えば、日本サッカーの発展のために約200億円の収益を費やす形で、ロシアでワールドカップが開催される2018年度は約236億円という支出を予算に計上しています。収益も支出も過去最大の金額ですが、これはW杯でベスト8に進出することを想定しているためです。ベスト8に進めば、賞金などを含め約19億円の収入増となります。

 日本サッカー協会の年間収益において、日本代表は大きな役割を果たしています。一年の経常収益のうち約70%が日本代表関連による収入となっています。つまり、約235億円の収入を想定している2018年度であれば約165億円前後の財源は日本代表がもたらしているという構造です。もっとも、この165億円前後のすべてが日本代表の活動に直接的に費やされるわけではありません。支出予算の振り分けは日本サッカー協会全体の取り組みを見たうえで適切に予算配分されます。

1/3ページ

最終更新:3/23(金) 19:43
SOCCER KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ