ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日本、“仮想セネガル”マリとの一戦はドロー…代表デビューの中島が同点弾

3/23(金) 23:14配信

SOCCER KING

 国際親善試合が23日に行われ、日本代表とマリ代表が対戦した。

 日本のGKは中村航輔。最終ラインは右から代表デビューとなる宇賀神友弥、昌子源、槙野智章、長友佑都の並び。中盤には長谷部誠、大島僚太、森岡亮太が入り、最前線は久保裕也、宇佐美貴史、大迫勇也となった。

【ハイライト動画】中島翔哉の初ゴールで日本代表が土壇場で追いつく!

 最初の決定機はマリだった。8分、縦パスに抜け出したアダマ・トラオレがシュートを放つも、GK中村が体を張ってブロックした。対する日本は22分、左サイドから攻撃を仕掛けると上がってきた大島がシュート。しかし、相手GKの好セーブに阻まれた。惜しいシュートを放った大島だったが、34分にふくらはぎを痛めてプレー続行不可能に。代わって山口蛍が投入された。

 前半終了間際の42分、クリアをしようとした宇賀神のスパイクが相手のひざに入り、日本はPKを与えてしまう。このPKをアブドゥライ・ディアビに決められ、マリに先制点を許した。前半は日本の1点ビハインドで折り返す。

 日本は後半開始から宇賀神に代えて酒井高徳、60分には長谷部と宇佐美を下げ、三竿健斗と中島翔哉を投入する。65分には小林悠、70分には半年ぶりに代表復帰を果たした本田圭佑がピッチに立った。39分には途中出場の中島が得意のミドルで狙うも、枠を捉えられず。すると後半アディショナルタイム、三竿のシュートを中島が左足で押し込んで、日本が土壇場で追いつく。代表デビューの中島はこれが初ゴールとなった。

 試合は1-1で終了。2018 FIFAワールドカップ ロシアを見越した“仮想セネガル”戦はドローとなった。次戦は27日、ウクライナ代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 1-1 マリ代表

【得点者】
0-1 44分 アブドゥライ・ディアビ(PK/マリ代表)
1-1 90+4分 中島翔哉(日本代表)

SOCCER KING

最終更新:3/24(土) 7:58
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合