ここから本文です

大学生と駆け落ち騒ぎの41歳主婦 「電波子17号」とされる女性の“まさか”

3/24(土) 16:45配信

東スポWeb

 41歳の主婦と21歳大学生の“駆け落ち”が芸能界に波紋を広げている。

 駆け落ちが明らかになったのは、主婦の家族が捜索のためにSNSを通じて情報提供を呼びかけたのがきっかけだ。

【写真】「電波少年」の顔だった松村邦洋

 2月の終わりごろ、主婦が浮気を疑われたことをきっかけにパジャマ姿のままで、失踪してしまった。しかも、預金通帳を持って家出し、息子の奨学金200万円あまりを引き出して、通帳だけ送り返してきたというから、大胆な行動だ。家族はテレビのワイドショーなどのインタビューに応じて、帰宅を呼びかけた。

 この主婦というのが実は、過去に大人気だった日本テレビ系バラエティー番組「進め! 電波少年」の企画で「電波子17号」として、グループ活動に参加していた一人だったというのだ。いまでは引退し、一般人となっているが、家族の情報公開がきっかけで“過去”まで明らかになってしまった。

「主婦はかつては大手プロダクションに属していたタレントだった。電波子以外の目立った活動は女優業を少しやっていただけで、タレントとしては芽が出なかったが、まさか20歳も年下の若い男と駆け落ちするとは思ってもみなかったので、一部では大騒ぎでしたよ」(テレビ局関係者)

 同関係者によれば「性格は真面目で至って常識人と聞いていたけど、まさか駆け落ちとは…。こういう突拍子もないところはタレント向きだったのかな」という。この主婦の自宅付近の住民も、タレント活動について知るものはいなかった。

 一方で大学生の方はエリートコースを歩んでおり、大学では「かくれんぼサークル」に属していた。駆け落ちしたいまとなっては、笑うに笑えないサークル活動だ。

最終更新:3/24(土) 17:49
東スポWeb