ここから本文です

夫妻と子どもたち、そして妻の彼氏が同居する一家 新しい家族の形とは(1)

3/24(土) 8:01配信

AbemaTIMES

 国際結婚、高齢結婚、同性パートナー。家族の形が多様化する中、今までの常識では考えられなかった新しい愛の形がある。

 千葉県・柏市の一戸建てに住む若狭美香さん(37)を訪ねると、夫の朋広さん(44)と、お子さん2人が和やかに出迎えてくれた。一見普通の家族に見えるが、そこにはもう一人の男性が。美香さんと朋広さんの息子にしては、あまりにも大きい。彼は美香さんの“彼氏“で、家族と同居しているというのだ。

■「結婚したまま妻は“彼氏“を作る」という選択肢

 2009年に入籍した若狭さん夫婦だが、ほどなくしてセックスレスになる。その後、2012年に1人目、2014年に2人目の子どもを設けたが、「妻に性的な感情が湧かなくなってしまって、そういうことができなくなってしまった。でも一緒にいてほしいというか、家族としてやっていきたいと思った。離婚するのか、頑張ってするのか、彼氏を認めるのか、毎晩相談していた。相談できそうな男性が現れた。ついにその時が来たのかなと思った。“妻の彼氏になってもらえませんか“という話をした」(朋広さん)。妻のことは愛しているが、セックスができない。実は、男性からの離婚申し立て理由の5位が、この“性的な不調和“だという。

 悩んでいた美香さんも、2016年4月にブログを始めた。「セックスレスだけど、めっちゃ話してる夫婦やでっていうブログを書いていた。自分の気持ちを正直に書いていたら、“夫じゃなくてもいいかも“みたいになってる自分に気づいた。それも全部、夫に話していた。そんな時にちょうどいい方が現れた」。

 3人で話し合いを持ち、考えに考え抜いて出した結論が、結婚したまま妻は“彼氏“を作る、という選択だった。2016年6月のことだった。“セックスフレンド“ではなく“彼氏“なのは、しんどい子育てを分担できるのではという思いがあったからだという。しかし去年3月、1人目の彼氏とは破局した。

 その後、3ヶ月後、今の彼氏である砂川卓也さん(24)との交際・同居がスタートした。出会いのきっかけは、美香さんが「困った人を助けに行く」という仕事をしていた卓也さんに子どもの面倒を見てほしいと依頼をしたことだった。美香さんのブログを読み、若狭家の状況を把握していたという卓也さん。丸1日、2人でいるうちに意気投合、LINEを交換した。それから美香さんが1人で旅行に行く際、卓也さんが「僕もついていきたいな」と話したのだという。美香さんは朋広さんに相談、卓也さんを若狭家に招待したのだという。「その時は恋愛感情がだいぶあった」(卓也さん)「“うわー、楽しみ!“というLINEが来た」(美香さん)そして、朋広さん公認のもと、卓也さんが一緒に住み始めることになる。

1/2ページ

最終更新:3/24(土) 8:01
AbemaTIMES

あわせて読みたい