ここから本文です

女子プロレスマガジン『#8 青木いつ希~大学入学の取り消しでプロレスラーに~』

3/24(土) 14:08配信 有料

バトル・ニュース

はじめまして!
ジャパンプロレス2000所属の青木いつ希です。
島根県浜田市出身の20歳です。
現在は柔道整復師という国家資格を得るために専門学校に通いつつ、大阪を拠点として活動しています。

ジャパンプロレス2000という団体名を初めて見た、知ったという方も多いと思われます。
当団体は地域密着型のボランティア・チャリティプロレスとして活動しています。観戦したくとも経済的他、各種事情にて観戦できない子供達や、年輩の方に気兼ねなく観戦して頂くため、主催大会は全て入場無料です。
私はこのジャパンプロレス2000でデビューし、2018年4月16日にデビュー1周年を迎えます。

「どうしてプロレスを始めたの?」練習生となった頃から現在まで、最も多く聞かれてきた質問です。
デビュー1周年を迎えようとしている今、この場をお借りして少し長くなりますがお答えさえて頂きます。


私は元々、プロレスがとても大好きでした。
父の影響で見始めたリング上の闘いに魅了され、強い選手の方々に憧れ、寝ても覚めても録画した試合を見続け、何かに落ち込む度にお気に入りの試合を見て、その情熱と感動に元気を貰い生きていました。
そんな大好きなプロレスに支えられながら大学受験を終え、有難いことに合格の二文字を頂戴し、島根から大阪に出てきました。

真っ先にどんな興行を見に行こう、とチェックし、地元では見られなかった興行数に思わず頬を緩ませ、新たに始まる大学生活にも期待に胸を膨らませ、いざ入学式2日前。突然父からの着信がありました。

「入学が取消になった。」

訳を聞けば、どうやら1枚、親が書類の提出をし忘れていた為、入学の意思無しとみなされ入学が取消になったというのです。ちなみにこの件は未だに納得がいっていません。

そこから先はどん底というに相応しく、 本文:1,891文字 この記事の続きをお読みいただくには、バトル・ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    515円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

バトル・ニュースの記事一覧へ戻る

Yahoo!ニュースからのお知らせ