ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

Jリーグ移籍目前も…破談のパルマFWと指揮官が振り返り「何が起きたのかわからない」

3/26(月) 17:40配信

GOAL

パルマに所属するFWルカ・シリガルディとロベルト・ダヴェルサ監督が25日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、破談に終わったJリーグ移籍について語った。

シリガルディは、インテル下部組織出身の30歳。2008年には、レンタル先のバーリでアントニオ・コンテの指導を受けた経験を持つ。その後、ボローニャ、ヴェローナなどを経て、昨シーズンからユース時代にも所属した故郷近くのセリエB・パルマに復帰した。しかし出場機会に恵まれず、2月には日本移籍が目前に迫った。日本行きに備え、リーグ戦の招集メンバーからも外れていたが、実現することなく破談に終わっている。

30歳FWは、25日に行われたセリエB第32節フォッジャ戦で先発出場すると、パルマ移籍後、初ゴールを決め、チームの勝利に貢献。インタビューでは、破談となったJリーグ移籍にも言及した。

「1月の移籍市場では、日本へ移籍するチャンスがあったのだが上手く行かなかった。僕はパルマに残り、これまで通りチームのために戦うことになった」

ダヴェルサ監督もまた、日本移籍から急転し、残留が決まったシリガルディの動向について語った。

「日本移籍について? 移籍交渉はあった。それから何が起きたのか分からないが、彼はここに残ることになった」

GOAL

最終更新:3/26(月) 17:43
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合