ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

デフ・レパードのJ・エリオット、デヴィッド・ボウイからお褒めの言葉

3/27(火) 12:38配信

BARKS

デフ・レパードは2006年にリリースした9枚目のスタジオ・アルバム『Yeah!』で、デヴィッド・ボウイの「Drive-In Saturday」をカバーしたが、このヴァージョンはボウイも気に入っていたそうだ。

◆ジョー・エリオット画像

フロントマンのジョー・エリオットは、英国の新聞『Daily Star』紙にこう話したという。「ボウイは友達の1人にこうメールしたんだよ。“僕がこれまで聴いた最高のカバー・ソングの1つだって、ジョーに言っておいてくれ”って。信じられなかったよ。でも、そのイーメールを転送してもらった」

エリオットはまた、1989年、ボウイ本人と対面しているが、それはU2のボノの家でだったと話した。「ボノの家でやったバーベキューへ行ったんだ。彼が“紹介したい人がいる”って言うから、その部屋へ行ったら、ボウイがビリヤード台に腰かけてた。“あらかじめ警告しといてくれ”って思ったよ」

デフ・レパードは先週(3月25日)、ザ・フーのロジャー・ダルトリーが主催したチャリティー公演<Teenage Cancer Trust>に出演。5月にジャーニーとの北米ジョイント・ツアーをスタートする。また、6月には80年代の彼らのキャリアを総括する限定ボックス・セットがリリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:3/27(火) 12:38
BARKS