ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

佐川氏、改ざん経緯を証言せず

3/27(火) 17:38配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

・佐川氏、改ざん経緯を証言せず
森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書が改ざんされた問題で、参議院予算委員会は、佐川前国税庁長官の証人喚問を行った。改ざんの経緯について、佐川氏は、刑事訴追のおそれを理由に、証言を拒んだ。
金子委員長「証人は決裁文書の書き換えを知っていましたか? 仮に知っていたなら、誰が、どのような動機で、いつ、誰に書き換えを指示したのか?」
佐川前国税庁長官「私は現在、告発を受けている身。決裁文書書き換え問題でも、捜査を受けている身。私が決裁文書の書き換えに、いつ、どのように認識したかについては、私が捜査の対象であり、刑事訴追を受けるおそれがあるので、その点については、答弁は差し控えさせていただきたい。国民の皆様に対して、行政の信頼を揺るがすような事態になりましたこと、誠に申し訳ないと思っています。当時の担当局長として、責任は、ひとえに、私にございます。深くおわび申し上げたいと思います。申し訳ありません」
金子委員長「財務省幹部や政治家などの関与はなかったのか?」佐川前国税庁長官「総理・官邸に対して、何か報告することはございません。官房や官邸などからの指示もございません。本件は、理財局の中で対応した。私が書き換えられた決裁文書について、どういうふうに、いつ認識したかといったような点は、書き換えられた決裁文書に関わる問題なので、その点については、刑事訴追のおそれがあるので、答弁はご容赦させていただきたい」
丸山参院議員「安倍首相の指示はあったのか?」
佐川前国税庁長官「ございませんでした」
丸山参院議員「安倍首相夫人からの指示は?」
佐川前国税庁長官「ございませんでした」
丸山参院議員「官邸からの指示はなかったのか、間違いないか?」
佐川前国税庁長官「間違いございません」
丸山参院議員「麻生財務相からの指示はあったのか?」
佐川前国税庁長官「(麻生)大臣からの指示も、ございませんでした。理財局の中だけでやった話です」
丸山参院議員「書き換えの目的は?」佐川前国税庁長官「決裁文書の書き換えの経緯に関わる話。したがって、決裁文書で誰が指示をしたのか、どのような対応で、その書き換えが行われたのか、そのものが捜査の対象になっている。大変恐縮だが、刑事訴追のおそれがあるので、答弁を控えさせていただきたい」丸山参院議員「なぜ書き換えにつながったか?」
佐川前国税庁長官「休むこともできないような、月~金まで毎日ご質問をいただいている中で、お叱りを受けるのは重々承知だが、全くそういう余裕がなかったのが実態」
丸山参院議員「安倍首相、首相夫人から森友学園との国有地の貸し付け・売り払いについて、何らかの指示はあったのか?」
佐川前国税庁長官「一切、総理や総理夫人の影響があったとは全く考えていない」
丸山参院議員「特例あるいは本件の特殊性という言葉は、官邸の関与、あるいは政治の関与を意味しているのではありませんね?」
佐川前国税庁長官「そうではございません」
民進・小川参院議員「ごみが出てきた事実をふまえて値引きをしたといっているが、証人として、どう判断する?」佐川前国税庁長官「国交省が、そういう専門家として基準を用いて計算したというのは、正しい判断をしたと思う。当時、大阪航空局と近畿財務局の職員が、業者と一緒に確認をしたが、その判断は今変えているわけではない」

最終更新:3/27(火) 19:39
ホウドウキョク