ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

北朝鮮、このタイミングで「森友」あげつらう 安倍政権は「退陣直前」と論評

3/29(木) 19:18配信

J-CASTニュース

「平壌の敷居」が意味するところは...?

 記事は、

  「安倍ギャングたちこそ、彼らの政治的野心を実現するためなら、どんな不純な妄動もはばからない邪悪な連中だ」

と主張し、

  「大勢に逆行して対決に狂奔する者は、永遠に平壌の敷居をまたげなくなるであろう」

という文章で締めくくられている。

 「平壌の敷居」が何を意味するかは必ずしも明らかではないが、朝日新聞は3月29日付朝刊で、

  「北朝鮮関係筋によると、金正恩政権が最近、朝鮮労働党幹部らに『6月初めにも日朝首脳会談の開催がありうる』との説明を始めた」

と報じている。この朝日新聞の報道によると、日本政府が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を通じて首脳会談開催の意思を北朝鮮側に打診しているといい、「平壌の敷居=日朝首脳会談に向けたハードル」と読むこともできそうだ。菅義偉官房長官は3月29日午前の記者会見で、この朝日新聞報道について

  「詳細についてはお答えを差し控えたい」

と述べるにとどめている。

2/2ページ

最終更新:3/29(木) 19:18
J-CASTニュース