ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ついに車を印刷する時代?量産型3Dプリントカー

3/29(木) 6:00配信

bouncy

上海の3Dプリンターメーカー「Polymaker」と、イタリアの電気自動車メーカー「
XEV」が、3Dプリンター出力で大量生産可能な電気自動車「LSEV」を発表した。

買える?

まだ量産開始前の「LSEV」だが、すでにヨーロッパから7,000台の予約受注を受けているとのこと。大量生産体制が本格的にスタートするのは2019年第二四半期からの予定で、価格は7,500ドル(約79万円)だという。日本でも販売されるかどうかはわかっていない。

もっと詳しく

「LSEV」は車体・座席・ガラス以外はすべて、3Dプリンターで出力したパーツで作られている。通常の自動車で必要な部品数2,000個に対して、「LSEV」はわずか57個で構成されている。

また、車両重量はわずか450kgで、同サイズの自動車の1~2トンに比べてかなり軽量であることがわかる。実際のところ、3Dプリンターで出力する自動車は「LSEV」が初めてというわけではないが、実用的な強度やスケールで大量生産が可能なのは「LSEV」だけだという。

なお、3Dプリンターを使った生産システムは、従来の自動車生産システムと比べて投資コストが70%低くなるそうだ。加えて自動車の新モデルの生産プロセスの構築には3年~5年かかるところ、新システムでは3~12ヶ月というスピード感のあるモデルチェンジを可能にするようだ。
・ ・ ・

3Dプリンターで出力した低価格の小型電気自動車「LSEV」は、エコで小回りの効いたドライブに重宝しそうだ。「若者の車離れ」が叫ばれる中、すぐに完成して手軽に手に入る「3Dプリンターカー」なら、乗ってみたい人も増えるかも?

Polymaker

Viibar.Inc

最終更新:3/29(木) 6:00
bouncy