ここから本文です

ドリーム・シアター「次のアルバムはルーツに戻り、よりヘヴィに」

3/30(金) 12:04配信

BARKS

2016年、壮大なコンセプト・アルバム『The Astonishing』を生み出したドリーム・シアターは、次作では一転し、ルーツに戻りヘヴィなものを創りたいと考えているそうだ。

◆ドリーム・シアター画像

具体的にアイディアを出し合い、曲作りを始めるのはこれからだというが、ジョーダン・ルーデス(Key)は、『Metal Wani』のインタビューでこう語った。「俺ら、自分たちを真に象徴する何かを見つけることに興味があるんだと思う。ああ、多分、もう少しヘヴィな面だ。すでに『The Astonishing』をやったから、間違いなくコンセプト・アルバムにはならない。あれはすごく楽しくて、素晴らしいクリエイティブ・プロジェクトだった。今回は多分、もうちょっとルーツに遡り、よりハードなアプローチをするだろう。でも、メロディーを見過ごすことはない」

「ドリーム・シアターはドリーム・シアターだ。いつだって、様々なものをスタイリッシュにブレンドする。でも、今の時点で言えるのは、俺らは自分たちの核心、そしてそれを表す音楽を見つけたいってことだけだ」

ドリーム・シアターは昨年、セカンド・アルバム『Images And Words』(1992年)のリリース25周年記念ツアーを開催。そこでファンのリアクションを目にし、バンドのルーツを再確認したという。

Ako Suzuki

最終更新:3/30(金) 12:04
BARKS