ここから本文です

いつもツアーで回った場所の物件を調べてしまうアーティストとは?

3/30(金) 23:01配信

ニッポン放送

音楽ユニットのJUNKYPOPが、Webラジオ特別番組『JUNKYPOPのオールナイトニッポンi』に出演し、彼らの音楽性やプライベートなどが垣間見える魅力あふれるトークが展開された。

JUNKYPOPは、SHOWTA、TAKURO、TAKAの3人で2010年に結成された、2人のシンガーと1人のMCによるユニット。それぞれのハーモニーが重なり合う唯一無二のユニットで、番組ではメンバーそれぞれのプロフィールを紹介していった。

シンガーを務めるTAKAは、徳島県出身で、1987年9月9日生まれのO型。主に楽曲制作を担当しており、自らが好む80~90年代を思わせるような懐かしさを感じさせるカフェミュージックをベースに、多彩なジャンルの楽曲を制作している。

同じくシンガーのTAKUROは、1987年5月26日生まれのB型で、新潟県出身。元々ロックバンドのボーカルとして活動していたが、活動休止後、他の2人に声を掛けられJUNKYPOPとして活動を再開した。

グループ唯一のラッパー・SHOWTAは、1987年9月30日生まれのA型。長野県出身。専門学校卒業と同時にavexよりEXILEの立ち上げスタッフのもと、ボーカルグループに「THE REBOOT」でメジャーデビュー。その契約終了後すぐにJUNKYPOPを結成した。

自分たちの経歴を自分たちで紹介するということに、恥ずかしさを感じながらも伝えていった3人。意外とメンバーも知らない経歴なども明らかになり、改めてお互いについて質問し合うなどしながら新鮮な気持ちで盛り上がった。

また番組では、メンバー1人ずつの内面を掘り下げていくべく、この番組ならではの試みとして、メンバーの1人がMCとなり、ほかのメンバーの1人をゲストに迎えてお届けするコーナーも展開。最初のMCはTAKAが担当し、TAKUROがゲストとなって、事前に答えたというアンケートを元にトークしていったが、グイグイ攻めていくTAKAとイジられ役のTAKUROとのやり取りが冴えた。

TAKA:(アンケートの質問を読んで)じゃあ「最近のマイブームは?」

TAKURO:俺ね、物件見るのがめっちゃ好きなんですよ。

TAKA:(笑)

TAKURO:たまにさ、ツアーとで県外行かせてもらうじゃん?

TAKA:あ~はいはい。

TAKURO:そのときに、その最寄駅の物件見るのがすっげー好きなの!分かる?

TAKA:いや、ちょっと・・・(笑)そのブーム俺ついていけないかもしれない。何?物件見て、この間取りいいなとか?

TAKURO:この間取りでこの安さか・・・みたいな。

TAKA:え、それ見て終わりなの?

TAKURO:見て、納得して終わり。え、地方行くと見たくならない?

TAKA:ごめん、ならない(笑)

TAKURO:あはは(笑)

TAKA:じゃあ次の質問。(アンケートの質問を読んで)ちょうど卒業シーズンになってきたんですが、「卒業式の思い出ってあったりする?」

TAKURO:中学2年生のときに、1コ上の先輩をすごい好きになって、卒業式のちょっと前の日に告白したのよ。・・・すごくない?

TAKA:いや、続けて?

TAKURO:あはは(笑)それで、当時その子には彼氏はいなかったんだけど、「好きな人がいる」って言ってフラれたの。

TAKA:でしょうね。

TAKURO:でしょうねってなんだよ(笑)で、それで、すげー大人な先輩だったから、「じゃあ最後に一緒にプリクラ撮りに行く?」って言われて。

TAKA:え、告白してフラれたけど、プリクラは撮ってくれたってこと?

TAKURO:そう、思い出で、「いいよ、最後に」って。

TAKA:あはは(笑)

TAKURO:俺、高校の頃バンドやってたんだけど、そのとき使ってたギターの見えないネックのところに、そのプリクラまだ貼ってあるから。

TAKA:やっべぇ、1つ言っていい?気持ち悪い(笑)

TAKURO:ウソ~(笑)

2人の微笑ましいやり取りに、ブースの外に出て見守っていたSHOWTAもニヤニヤが止まらない様子。次はMCがTAKUROでゲストがSHOWTA、最後はMCがSHOWTAでTAKAがゲストで行い、MCとゲストを入れ替えて個人を引き出すトークで盛り上がった。

(Webラジオ『JUNKYPOPのオールナイトニッポンi』より)

ニッポン放送

最終更新:3/30(金) 23:01
ニッポン放送