ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

伊東“純也”が圧巻の二発!柏が今季2勝目…神戸は田中“順也”古巣弾も及ばず/J1第5節

3/30(金) 21:23配信

GOAL

30日に明治安田生命J1リーグ第5節が行われ、柏レイソルとヴィッセル神戸が対戦した。

【動画】柏のスピードスターが圧巻の2発!柏vs神戸のゴール動画

ホーム直近10試合でわずか1敗と本拠地で無類の強さを誇る柏。対神戸戦でも現在9試合連続で無敗中と相性の良い相手を迎えた。

柏は欧州遠征を戦った日本代表GK中村航輔がスタメン入りしたほか、前節2ゴールをマークした江坂任がトップ下で先発。対する神戸は、リーグ戦初勝利を収めた前節から攻撃陣に変更なし。セレッソ大阪戦でリーグ初ゴールを挙げたルーカス・ポドルスキもスタメン入りを果たした。

前半は中盤で球際の激しい争いが続き、互いにボールを前に運ぶことができない。神戸はポドルスキが最終ラインまで下がってゲームの組み立てに参加。縦への意識を強めるが、チーム全体が前への推進力を上げられず。前半はノーゴールに終わった。

対する柏は、39分に渡部博文のトラップミスを伊東純也が奪い、GKとの1対1を迎えるが、放ったシュートはわずか右に逸れてしまう。その直後にもルーズボールを拾った大谷秀和がシュートを放ったがこれも枠外。決定機を2回迎えたが、モノにできず。スコアレスで前半を折り返した。

後半に入ると55分、神戸は左サイドから橋本和が三田啓貴にパスを送ると、トラップからすぐさまボレーでゴールを狙ったが、これはわずかにクロスバーの上にはずれてしまう。61分にもポドルスキがPA手前からシュートを放つも、DFにブロックされてしまう。

一方の柏は68分、右サイドのハーフウェーライン付近で伊東がボールを持つと、ドリブルで独走。中へ切り込み左足一閃。これがゴール左に突き刺さり、ホームの柏が先制。

ビハインドを負った神戸は73分に大槻周平を下げてハーフナー・マイクを投入し、より攻撃的な陣形に。すると直後の74分、神戸は左CKのチャンスを得ると、藤田直之がキッカーに。ニアサイドに送ったボールを田中順也が押し込み、同点に。田中の古巣相手の一撃で試合は振り出しに戻った。

追いつかれた柏は86分、小池龍太の折り返しを途中出場の山崎亮平がフリーで合わせる。これはGKキム・スンギュにセーブされるも、こぼれ球に伊東が押し込んで柏が勝ち越しに成功。結局伊東のこのゴールが決勝点となり、柏が神戸を2-1で下して今季2勝目をマークした。

■試合結果
柏レイソル 2-1 ヴィッセル神戸

■得点者
柏:伊東純也(68分、86分)
神戸:田中順也(74分)

Goal編集部

最終更新:3/31(土) 1:25
GOAL