ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

サガン鳥栖が2点差を逆転、名古屋を下す…C大阪は杉本健勇が決勝弾/J1第5節

3/31(土) 21:02配信

GOAL

3月31日に明治安田生命J1リーグ第5節が開催された。ナイトゲームは2試合。セレッソ大阪はキンチョウスタジアムで湘南ベルマーレと、サガン鳥栖はベストアメニティスタジアムで名古屋グランパスと対戦した。

【動画】杉本健勇、ガブリエル・シャビエル、ビクトル・イバルボらのゴール!

■C大阪 2-1 湘南

日本代表の欧州遠征に帯同したセレッソ大阪のMF山口蛍は先発、FW杉本健勇はベンチスタート。湘南ベルマーレは前節から先発を3人変更した。先制点はC大阪。13分、MF水沼宏太のパスを受けたFWヤン・ドンヒョンのシュートがネットを揺らした。湘南は36分、左サイドからのクロスにMF岡本拓也が左足で合わせて同点とする。1-1のまま、前半が終了した。

C大阪は76分に杉本、85分にMF福満隆貴を投入。86分、ロングボールで抜け出した杉本はDFをかわしてペナルティエリアへ進入する。そのままシュートを放ち、ゴールを決めた。これが決勝点となり、2-1でC大阪が勝利を収めた。C大阪は初白星。湘南は2連敗となった。

■鳥栖 3-2 名古屋

J1第4節で初黒星を喫したチーム同士の対決。サガン鳥栖は11分にPKのピンチを迎えるもGK権田修一がビッグセーブを見せた。14分、FKを得た名古屋グランパスはFWガブリエル・シャビエルがクロスを供給。クリアされるもセカンドボールをG・シャビエルが拾い、ドリブルからシュートを決めた。鳥栖は前半終了間際、FW趙東建が続けざまに決定的なシュートを放つも、ポストとバーに嫌われた。

名古屋は、69分に相手のミスを見逃さなかったG・シャビエルがネットを揺らしリードを広げる。しかし、ホームで負けられない鳥栖が反撃を開始。74分にMF高橋秀人、77分にはFWビクトル・イバルボがゴールを決めて同点とすると、終了間際にFW田川亨介の得点で逆転した。試合は3-2で鳥栖の逆転勝利となった。

GOAL

最終更新:3/31(土) 21:02
GOAL