ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

浦和レッズDF槙野智章「気迫が一気に落ちてしまった」…危機感の必要性を訴える

4/1(日) 21:14配信

GOAL

「コメントしづらいんですけどね」

試合後にコメントを求められた浦和レッズDF槙野智章は、このように切り出した。

【動画】浦和レッズ、悔いの残る失点シーン

1日に行われた明治安田生命J1リーグ第5節・ジュビロ磐田戦。浦和は8分にPKで先制するも、1-2で逆転負けを喫した。槙野は「結果が全てと、負けを受け入れなければいけない」と悔しさをにじませる。

「自分たちのミスでゲームが壊れてしまった」と失点を悔やむ一方で、このように危機感を訴える。

「負けたこと以上に、2点目を失った時の、ピッチ上でプレーする選手たちの気迫が一気に落ちてしまったのが、ちょっと残念だった。チーム状況もありますけど、どうにか耐え抜くメンタルだったり、はね返すメンタルだったりを、今後の連戦で出していかないと、このままズルズル行ってしまう傾向がある。僕自身はじめ、チームに良い危機感を持ってやらなくちゃいけない」

日本代表ではセンターバックを務めたが、磐田戦では左サイドバックでの起用となった。「いま自分のプレーが一番発揮できるの真ん中」としながらも、「宇賀神(友弥)選手の負傷もあり、チーム事情を考えて監督から言われた」と納得している様子だ。ただ「与えられたポジションで出せる限りをやりましたが、勝利に結びつくプレーができなかったことは残念」と語った。

チームの連係がうまく行っていないのでは。記者から、そう指摘されると「試合後に『うまく行ってない』とか『ああすれば良かった』と言うのは簡単。しかし、それだけでは何も変わりません。今日の試合で起きたことをしっかり見つめ直し、次につながること」が必要だと答えた。

そして「勝つだけなんでね。勝つために自分たちが何ができるかを考えてプレーしないといけない」と、今後に向けての意気込みを述べた。

浦和は4日、アウェイでJリーグYBCルヴァンカップ第3節・サンフレッチェ広島戦を行い、7日にホームでJ1第6節・ベガルタ仙台戦を迎える。

GOAL

最終更新:4/1(日) 21:14
GOAL