ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

浦和DF荻原、2人の師に恩返し

4/3(火) 13:53配信

デイリースポーツ

 「JリーグYBCルヴァン杯 グループステージ第3節 広島-浦和」(4日・エディオンスタジアム広島)

 J1浦和は監督交代劇から一夜明けた3日、堀孝史前監督(50)に代わって暫定的に就任した大槻毅監督(45)の指揮の下、さいたま市内で非公開練習を行った。ルヴァン杯広島戦に出場が濃厚なDF荻原拓也(18)は、2人の師に恩返しする思いを語った。

 大槻監督からはユース時代に指導を受けた間柄。「試合に出られないときも『お前には武器がある』と言われた。常に期待してくれた。新体制になって初めての試合。期待に応えたい」と誓う。

 一方、堀前監督からはトップチームで初めて起用された。「自分を買ってくれた監督。もっと結果を出せなかったのは選手としてふがいなさがある。解任という部分で、自分も何とかできなかったのかと思った」と悔やんだ。

 大槻監督からは就任後に「力を貸してくれ」という言葉を受けた。「点に絡むプレーをしたい。自分の力を求めてくれる。その期待に応えたい」。スピードと左足を武器に、大暴れする思いだ。