ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

充実の時を過ごすハビ・マルティネス、好調の裏に見えるハインケスとの最高の関係/独占インタビュー

4/3(火) 18:10配信

GOAL

今季の好調をけん引する存在

今季は26試合に出場し、2ゴール。中盤の選手としてはいくらか物足りない成績にも見えるかもしれないが、ハビ・マルティネスの貢献は数字では語りきれない。

こんなにカワイイ“美女サポ”見たことある?スタジアム、行こうぜ!最新編【26枚】

ターニングポイントはユップ・ハインケスの就任。ハビをバイエルンへと連れてきた張本人が復帰したことで、ポジションはCBからMFへと変わった。変化としては小さなものだが、影響は大きく、バイエルン独走の要因の一つとして語られることは多い。

そんなハビ本人が、今季の変化や恩師ハインケスの復帰、そして最も待望するタイトル、チャンピオンズリーグについて『Goal』で語ってくれた。

予想外だったハインケス復帰「驚いた」

――ハビ、2018年のいまの状況は2013年と似ていると思う?

そうだね、たしかにあの時もユップ・ハインケスがコーチだった。でも2012-13シーズンと同じだとか、3冠についてとかは考えられないよ。一歩一歩目標に向かって進んでいくだけさ。

――2013年と同様にまた中盤でプレーしているね。

中盤に戻ってこられて嬉しいよ。好きなポジションだからね。もちろんセンターバックでも快適にプレーできていたけど、僕のそもそものプレースタイルは“6番”なんだ。だからこのポジションでチームに貢献できて最高だね。

――ハインケス監督はキープレイヤーに君を挙げていたけど。

指揮官から信頼されるっていうのはとても大切なことなんだ。僕に限ったことじゃなく、ユップはバイエルンの全員を信頼していて、みんな喜んでいるよ。彼は僕たちがこれまで以上に強くなれると確信しているんだ。彼の仕事は僕たちができる限りベストなパフォーマンスをできるようチームを整えること。僕たちは100%の状態であれば全てのタイトルを手にするチャンスがあるんだ。ただそのためにはピッチでそれを示さないといけない。いままさにシーズンで最も大事な局面が始まったところだ。僕らは日々注意深くやるべきことをやっていかないといけないね。

――10月にハインケスがクラブに帰ってきた。そのとき君はどう思った?

驚いたよ。まさか帰ってくるなんて予想してなかったんだ。彼はもうフットボールを十分楽しんだから、メンヒェングラートバッハ近郊にある農場で、喧騒を離れて人生を楽しんでいるもんだと思っていた。僕たち選手はときとして傲慢になるし、またときに消耗させる存在だ。ユップにとってこの決断は難しいものだったと思うよ。ただ彼の復帰は僕たちにとっては素晴らしいことだった。クラブのことを熟知しているし、もちろん僕ら選手のことも良く知っている。彼の帰還はクラブにとって間違いなく正しい判断だったよ。

1/3ページ

最終更新:4/3(火) 18:10
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合