ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

試合前に敗退の川崎フロンターレ、知念慶がゴールも未勝利続く/ACL・グループF第5節

4/4(水) 22:51配信

GOAL

■ACL・グループF第5節 上海上港 1-1 川崎F

上海上港:エウケソン(68分)

川崎F:知念(74分)

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第5節が4日に行われ、川崎フロンターレは上海上港(中国)とアウェイ・上海体育場で対戦した。

キックオフ前にグループFの蔚山現代(韓国)とメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)が対戦。この試合が引き分け以外だった場合、川崎Fの敗退が決まるという状況だったが、結果は6-2で蔚山現代が勝利。川崎Fは上海上港戦のキックオフを待たずに、ACLの敗退が決まった。

川崎Fは1分け3敗で未勝利。ACL初白星を目指し、明治安田生命J1リーグ第5節から先発メンバーを7人入れ替えて臨む。

上海上港はブラジル国籍トリオ、オスカル、フッキ、エウケソンが存在感を発揮。しかし、川崎Fは体を張った守備を見せ、前半を0-0で終える。

後半も上海上港の優勢が続く。そして68分、オスカルのパスを受けたフッキが左サイドからのクロス。エウケソンが右足で合わせ、先制に成功する。対する川崎Fは74分、MF森谷賢太郎のクロスからFW知念慶が同点ゴールを決める。

鬼木達監督はMF田坂祐介とMF守田英正を下げ、MFエドゥアルド・ネット、DFエウシーニョをピッチに送り出す。86分には知念とFW赤﨑秀平を交代するも、追加点は奪えず。試合は1-1の引き分けに終わった。

川崎Fの次戦は、8日に行われる明治安田生命J1リーグ第6節。アウェイで横浜F・マリノスとの神奈川ダービーに臨む。ACL第6節は18日、蔚山現代(韓国)をホームに迎える。

GOAL

最終更新:4/4(水) 22:52
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合