ここから本文です

【FLOWER FLOWER ライヴレポート】『インコのhave a nice dayツアー』2018年4月1日 at 日比谷野外大音楽堂

4/4(水) 16:02配信

OKMusic

 約3年半振りのオリジナルアルバム『スポットライト』に伴う全国ワンマンツアー『インコのhave a nice dayツアー』、日比谷野外大音楽堂公演。新作の楽曲はもちろん、「CHE.R.RY」(YUIセルフカバー)も披露されたこの日のライヴで、4人はポップかつエッジ―なアレンジ、普遍的なテーマを描き出す歌、際立った演奏力がバランスよく共存させた素晴らしいステージを観せてくれた。その中心にあるのはもちろん、yui(Vo&Gu)の歌だ。

FLOWER FLOWER、日比谷野外音楽堂公演のその他の写真

 色とりどりの生花で飾られたステージにメンバー4人が花束を持って登場。ゆったりと穏やかな雰囲気の中で、この季節にぴったりの「春」からライヴはスタートした。花束を片手に伸びやかなヴォーカルを響かせるyui。そのリラックスした佇まいが、まずは印象に残る。ライヴの軸を担っていたのはやはり、2ndアルバム『スポットライト』の収録曲。yuiのワウギター、変拍子を取り入れたリズムが絡み合う「パワフル」、ポップな歌メロと《ポップなメロディ嫌気が差すの》という歌詞のギャップが印象的な「コーヒー」。演奏にはかなり実験的な要素が含まれているが、yuiの歌は心地よく広がり、しっかりと伝わってくる。この絶妙なバランス感覚こそが、FLOWER FLOWERのライヴの肝だろう。

 中盤では会場の真ん中に設置されたセンターステージに移動し、「宝物」「スタートライン」をアコースティックスタイルで披露。会場全体に気持ち良い一体感が生まれる。そして、“この曲が似合う時間になってきました”という「月」からライヴは後半へ。先鋭的なファンクビートを取り入れた「踊り」、穏やかな旋律が響いた「小さな窓」など、多彩な音楽世界を描いてみせた。

 アンコールでは”過去があって、今があって、未来がある。全てが愛おしいです”という言葉とともに自身の「CHE.R.RY」をカバー。さらに彼女自身の子供に対する想いを綴った「産声」も大きな感動を生み出していた。そこにあったのは、自由な創造性にあふれた音楽を介した純粋なコミュニケーション。現在のFLOWER FLOWERの充実ぶりが伝わるステージだったと思う。

撮影:oyaming/取材:森朋之

OKMusic編集部

最終更新:4/16(月) 17:41
OKMusic