ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

巨人上原、また無失点リリーフ 4試合いまだヒットすら許さず

4/5(木) 21:21配信

デイリースポーツ

 「中日-巨人」(5日、ナゴヤドーム)

 巨人・上原浩治投手が、4試合連続でスコアボードに0を刻んだ。

【写真】復帰登板でも快投を見せた上原

 1点リードの八回にマウンドへ。先頭のアルモンテはファウルで粘られたが、フルカウントの9球目で空振り三振。ビシエドは三塁中井の失策で、登板4試合目にして初めて出塁を許した。

 だが、全く慌てない。続く福田は2ボール2ストライクと追い込み、最後は三直で2死。高橋周もフォーク2球で簡単に2ストライクとし、3球目で二ゴロに仕留めた。

 リードを守って降板し、三塁ベンチ前で仲間とお約束のハイタッチパフォーマンス。失策した中井の尻も優しくたたき、頼もしさを感じさせた。

 上原はこれで4試合に登板し、打者13人に対して許した走者は味方失策のひとりだけ。ストライク先行でテンポ良くアウトを重ねる完璧な投球をみせている。