ここから本文です

筋肉美&アクションで世界を魅了!最も稼ぐプロレスラー俳優“ロック様”ヒストリー

4/5(木) 14:00配信

Movie Walker

“ザ・ロック”のリングネームを持つ人気プロレスラーでありながら、俳優としても大活躍中のドウェイン・ジョンソン。いまや世界で最も稼ぐ俳優にまで上り詰めた彼のヒストリーを改めてご紹介!

【写真を見る】映画初主演作『スコーピオン・キング』でのロック様。引き締まった肉体美!

■ 『ハムナプトラ2』でプロレスラーからハリウッドスターへ華麗なる転身!

プロレスラーの祖父と父を持ち、自身もそのあとを追うようにプロレスデビューを果たしたドウェインは、その後リングネームを「ザ・ロック」にすると、端正なマスクとカリスマ性で大ブレイク!その人気は日本にも伝わり、プロレスファンの間では“ロック様”の愛称で親しまれるように。

そんな“ロック様”人気はついにリング外にも波及し、『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』(01)へのゲスト出演で俳優デビュー。本格的に映画俳優への転向を目指すようになると、『ハムナプトラ2~』で演じた世界征服を企む悪役スコーピオンを主役にしたスピンオフ『スコーピオン・キング』(02)で映画出演2本目にして早くも初主演!その肉体から繰り出されるパワフルなアクションで一気に映画ファンの心を掴んだ。

■ 『ワイルド・スピード』で、トップアクション俳優の仲間入り!

俳優として着実にキャリアを重ねたロック様の人気を決定づけたのが、『ワイルド・スピード MEGA MAX』(11)への出演だ。主人公・ドミニクと対立するホブス捜査官を演じると、作品を経るごとにその存在感は倍増。いつのまにかドミニクたちの仲間となると、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(17)では、ドミニク不在のファミリーを率いるなど、シリーズを牽引する重要なキャラクターの一人として確固たる人気を築いている。

スキンヘッドに人間離れした躯体というインパクト抜群のビジュアルと、プロレスで培ったキレのあるアクションで、俳優としても一躍トップスターとなった彼は、2016年には、フォーブス誌の「最も稼いだ男優2016」で1位を獲得するまでに!ちなみにその収入は推定64億円…というケタ違いの売れっ子ぶり。

■ 2018年も“ロック様”が止まらない!

そんな絶好調の彼は、2018年もすでに主演3作品が待機中だ。高校生4人組がひょんなことからゲームの世界に入り込んでしまうアドベンチャー・アクション『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(4月6日公開)では、気弱なオタク少年のゲーム内での姿であるブレイブストーン博士を熱演。外見はムッキムキだが、中身はオタクのため、ジャングルで出くわす動物たちにもビビりまくり!屈強なロック様らしからぬ頼りなさ満点の演技で新境地を開拓している。

また5月18日(金)公開の『ランペイジ 巨獣大乱闘』では遺伝子操作で巨大化&凶暴化した動物たちを相手に大暴れ!さらに9月公開予定の『スカイスクレイパー』では、警察から追われながらも愛する家族を救おうと奮闘する義足の男を演じ、その存在感をいかんなく発揮している。

アクションに軸足を置きながらも、時にコミカルな演技にも挑戦し、俳優としての幅を広げているドウェイン・ジョンソン。彼の筋肉を活かした暴れっぷりから今後も目が離せない!(Movie Walker・文/トライワークス)

最終更新:4/5(木) 14:00
Movie Walker