ここから本文です

「人生最後の日のような痛み」契約更新から一転、開幕前に登録外となったC大阪リカルドが岡山へ電撃加入

4/5(木) 17:58配信

ゲキサカ

 ファジアーノ岡山は5日、FWリカルド(31)の加入を発表した。背番号は『16』に決定。クラブ公式サイトによると、同選手は2018年シーズンにおいて無所属だったため、登録ウインドー外での加入が可能になったという。

 リカルドは2016年に貴州人和(中国)からC大阪に加入。Jリーグ(J1・J2・J3)通算42試合に出場し、5得点を記録している。

 今年1月14日にはC大阪との契約更新が発表され、登録名を『リカルド・サントス』から『リカルド』に変更。しかし、同26日の練習中に左手第3・4中手骨を骨折して全治3か月と診断されると、外国籍選手枠の関係もあったのか、リーグ開幕前にクラブの登録リストから名前が消えていた。

 リカルドは新天地決定にあたり、岡山のクラブ公式サイトを通じて「まず、チャンスをくれたファジアーノ岡山に大変感謝しています。チームのために、私の全てを尽くして助けになれるように頑張ります。そして、長丁場になる2018シーズンですが、目標達成できるように全力で頑張りますので、皆さまの応援をよろしくお願いいたします」と意気込みを語っている。

 また、C大阪のクラブ公式サイト上では周囲への感謝を述べ、チームを去ることを「私の人生最後の日を迎えるような痛み」と表現。「J1昇格、2つのカップ戦に勝ち、魔法がかかった最高の瞬間を3回、共に過ごす事が出来ました。私の気持ちは引き裂かれそうですが、私の気持ちは永遠にセレッソにあります」と誓い、「いつまでも、あなた達を応援していますし、愛しています。We are Cerezo!!!」とコメントを締めくくった。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWリカルド・サントス
(RICARDO SANTOS)
■生年月日
1987年2月13日(31歳)
■身長/体重
187cm/80kg
■出身地
ブラジル
■経歴
ボアビスタ-カルマルFF(スウェーデン)-ユールゴーデン(スウェーデン)-ソグナル(ノルウェー)-オートビーダベリ(スウェーデン)-貴州人和(中国)-C大阪
■出場歴
J1リーグ:9試合
J2リーグ:32試合5得点
J3リーグ:1試合
カップ戦:10試合4得点
天皇杯:5試合1得点

最終更新:4/5(木) 18:06
ゲキサカ