ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

島津亜矢、サブちゃんの巨大船「北島丸」に女性歌手で初めて乗船&熱唱

4/6(金) 16:40配信

スポーツ報知

 演歌歌手の島津亜矢(47)、北山たけし(44)が6日、東京・明治座でジョイントコンサート(~8日)の初日公演を行った。

 北山の師匠で、島津も尊敬する歌手・北島三郎(81)が座長公演やNHK紅白歌合戦で使用していた巨大漁船「北島丸」がステージに登場。2人は船が大きく揺れる中で「北の漁場」「まつり」をデュエットし、満員の観客を沸かせた。

 14年に北島が46年間の座長公演を引退後、北島丸が舞台に登場するのは初めて。船上で初歌唱した北山は「師匠も『勝手に乗るな』と、なかなか乗らせてくれない。でも今回は『亜矢とならいいよ』とお許しをいただいた」と北島の許可があったことを明かした。

 女性歌手で初めて乗船した島津は、「あんなに高くて揺れるんだなとビックリした。なんとか耐えながら歌いました。乗せていただけるだけで気持ちが高まります。うれしかった」と満面の笑みを浮かべた。

 また、今年でデビュー15周年の北山は「節目の年に先輩の亜矢さんとご一緒できていいスタートが切れた。悔いのない1年にして、亜矢さんとあの舞台に立ちたい」とNHK紅白歌合戦の9年ぶりの出場へ意欲を見せた。

最終更新:4/6(金) 16:40
スポーツ報知