ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

こうして「みなおか」「めちゃイケ」は終わった…フジテレビのキーマンが明かした史上最大の改編の裏側

4/7(土) 11:06配信

スポーツ報知

■「古畑任三郎」「王様のレストラン」手がけた石原隆編成統括局長

 現在、平均視聴率で民放キー局中4位と苦戦も4月の「史上最大の改編」で復活に向けて動き出したフジテレビ。そのキーマンが昨年6月の取締役就任以来、編成、制作、宣伝の総責任者として剛腕を振るう石原隆編成統括局長(57)だ。「古畑任三郎」「王様のレストラン」など名作ドラマのプロデューサーとして鳴らしたベテラン・テレビマンが「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」など長年続いた大型バラエティーを軒並み終了させた大幅番組改編の舞台裏と「見たいと思わせる番組を作るしかない」という今後の反転攻勢への思いまで全てを語った。(聞き手・中村 健吾)

【写真】人気キャラ「ダーイシ」に扮してポーズを取る石橋貴明

 昨年6月に就任した宮内正喜社長(74)の「視聴率を上げて業績を回復する」という大号令のもと、この4月、全日(午前6時~深夜0時)28・2%、ゴールデン(午後7時から10時)29・8%、プライム(午後7時~11時)29・5%と大規模な番組改編を敢行したフジテレビ。30年続いた「とんねるずのみなさんのおかげでした」、22年続いた「めちゃ×2イケてるッ!」という同局を代表するバラエティーも3月いっぱいで姿を消した。

 編成の最高責任者として、この歴史的改編を断行した石原取締役編成統括局長がその決断の裏側を明かした。

 「ヒット作を作るには新しい番組を始めなければいけない。そのためには、これまであった番組をやめなければならない。これは自明の理。フジと言えばこの番組という看板番組には今まで手を付けずにきました。フジのアイデンティティーの一翼を担ってきた番組だけに、それを終えてしまうと、フジというものがますます分からなくなってしまうという思いがありました。一気に看板だった番組をやめてしまうと、さらに混乱するかなということを、まずは心配しました」

■車メーカーはいい車を作る。テレビ局はヒット番組を作るべき

 「みなおか」、「めちゃイケ」はそれほど大きな存在だった。

 「でも、終了していかないと、もうフジテレビは変われない、という判断になりました。これまで残す方がメリットがあるだろうと思ってきた老舗の番組たちも今回は改編の対象にしていこう。そう決めました」

 番組の枠を超えてフジのアイコン(象徴的存在)だった、とんねるずの番組も終了させた。

 「確かに厳しい数字が全盛期に比べて出ているけど、我々のエンブレムなので『それに手を付ける前にやることがあるんじゃないの?』と今までは考えてきました」

 82年から93年まで12年連続で視聴率「三冠王」を続けたフジだが、今は民放キー局中4位に低迷。「楽しくなければテレビじゃない」のコピーで一世を風靡した面影はないからこそ大改革に着手した。
 
 「視聴率というと非情に感じるかも知れませんけど、我々もビジネスでやっているという側面があります。より多くの視聴者に見られる番組というのをいつも模索していなければいけない。今は視聴率というものが重要なメジャーの一つです。すごく簡単に言うと、視聴率が芳しくないので改編対象になったという言い方になる。多くの産業で売れなくなった商品は生産をやめて新しい商品に変わっていったりすることと同じだと、考えるように努力しました」

 とんねるず始め出演者と長年の付き合いのあるスタッフも多かったが、それでも終わらせた。

 「とんねるずのお二人からは『長い間、むしろ感謝しなければいけないのは、こちらの方だ』という言葉をいただいたと聞いています。胸が熱くなりました」

 ずばり、この4年間で営業利益が4分の1になった不振の原因とは何なのか。

 「番組がヒットしないからです。それ以外ない。車メーカーはいい車を作る。テレビ局はヒット番組を作るべき。それができてないからです」

1/3ページ

最終更新:4/7(土) 13:39
スポーツ報知