ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

比嘉大吾選手と具志堅用高会長 県民栄誉賞表彰式、沖縄県庁で17日開催

4/7(土) 10:40配信

沖縄タイムス

 沖縄県は6日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級の王者で、浦添市出身の比嘉大吾選手=宮古工業高卒、白井・具志堅スポーツ=と、師匠で石垣市出身の具志堅用高同ジム会長=興南高卒=への県民栄誉賞表彰式を17日に県庁で開催すると発表した。

具志堅会長「本当によくやった」 果たせなかった夢、まな弟子が実現

 比嘉選手は15日に、日本新記録となる16戦16KO勝利を懸けた3度目の防衛戦(横浜アリーナ)を控えている。防衛戦の2日後だが、表彰式に参加し、2人のあいさつを予定している。

 県民栄誉賞は、県民に敬愛され、希望と活力を与える顕著な功績があった人を表彰する。

 これまで車いす陸上の上与那原寛和選手、沖縄尚学高野球部、興南高野球部、プロゴルファーの宮里藍選手、ウィルチェアー(車いす)ラグビーの仲里進選手が受賞。知事は今年9月の引退を表明している那覇市出身歌手の安室奈美恵さんにも授与する方向で調整している。

最終更新:4/14(土) 16:00
沖縄タイムス