ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

横山だいすけ「子どもたちと一緒が幸せ」

4/8(日) 7:00配信

Lmaga.jp

NHK『おかあさんといっしょ』で歴代最長の9年間にわたりうたのおにいさんを務めた、横山だいすけ。2017年の春に同番組を卒業後もタレントとしてテレビや舞台などで活躍する彼が、自身初のイベント『横山だいすけ Family Live 2018 in 大阪城ホール』を4月14日・15日に開催する。だいすけおにいさんにその意気込みを訊いた。

【写真】ひょうきんな表情を見せるだいすけおにいさん

「犯罪者の役は一生やらないと思う(笑)」(横山だいすけ)

──タレント活動を始められて、うたのおにいさんとの違いってどう感じられてますか?

現場の空気感が全然違うので、ホントに毎日自分のなかでは戦いという感じですね。今までは子どもたちのしゃべってる表情とか笑ってる表情が作り物ではなく、ありのままそこにいるっていうのを、テレビの向こうに届けられたらと、その空気感を楽しんでいたんですけど。バラエティ番組になると子どもが全くいないので(笑)。

──相手は大人ですからね(笑)

そのなかでだいすけおにいさんとしてどんなことを言えばいいのかな、どうやったらこの番組のなかでちゃんと自分でいられるんだろうって・・・。「今日もおもしろいこと言えなかったな(苦笑)」みたいな、自分におもしろいことを求められてるわけじゃないと思うんですけど、そんな感覚になってしまったりして、全然違います。

──歌を歌うという音楽への関わり方には変化ありましたか?

いろんな現場で声をかけていただき、子どもだけじゃなく、親御さんも含めたくさんの人が見てくれていたんだなってあらためて感じていて、今では子どもを中心とする広い世代の人に歌を届けたいなっていうのが、大きく変わったことかなと思いますね。

──だいすけおにいさんって、ひょうきんだったり、表情も笑顔いっぱいのイメージですが、キャラクターとしては崩さずにいくんですか?

例えば、ネガティブなエネルギーを発信して、いままで観てくれていた人たちが「えっ!」って思ってしまうよりかは、こんなこともできるよ、ってプラスのものを表現していけたら良い。またそれが、今まで知らなかった人にも、元気とか楽しさを届けられる存在でありたい、と今は思っていますね。

──今は俳優業もされてますけども、役者となるとちょっと変わってきますよね。

そうですね。それが自分のなかで、どこが正解なのかなっていうのは探り始めたばかりなので。たとえば、犯罪者の役は一生やらないだろうなと思いますけど(笑)。

──ですよね。オファーがあったとしても受けない?

そうですね。等身大のものであったりとか。人間模様が出る役もその辺はすごく気をつけたいと思いますね。やっぱり今まで9年間見てくれた人たちに「え、そうなんだ」って思われる節があるものはやりたくないなって。それはたぶん、教育的な要素も大事にしたいなっていうのがあるからかもしれませんね。

──教育的っていうのは?

それをやることで俳優としての枠が広がるって事はあるかもしれないですけど、親御さんが子どもを育てるときに見せたくないな、って思う表現のあるものは、僕はやらないんじゃないかな。それは僕が子どもが好きで、音楽が好きで、それをずっと真ん中においてやっていきたいと思う生き方。その信念をずっと貫いていきたいなという思いですね。

「子どもたちと一緒にいるのは幸せだなって」(横山だいすけ)

──それは、9年間で形成された「だいすけおにいさん」というキャラクターを演じ続けるっていうことなのか、本来の横山だいすけの姿なのか、どっちなんでしょう?

最初は、「うたのおにいさん」はこうありたいという姿があったんですよね。演技の先生に「あなたが思ううたのおにいさんってどんな存在ですか? また、あなたはどんなうたのおにいさんを目指したいですか」って訊かれたことがあって。で、「じゃあ、あなたは今どういう状態なんですか? それと比べて」って。

──どうだったんですか?

僕が目指してるうたのおにいさんっていうのは、「太陽のような存在で、元気がなかった子どもも触れることで元気になったり、歌で一緒に笑顔になってくれたり。でも特別な存在というよりも近所のお兄さんみたいな気軽な感じで『ねぇ、お兄さん』とツッコミを入れたくなっちゃうような存在でありたいです」って。

──それで、そのときのご自身の姿は?

等身大の横山だいすけは、子どもは好きだけど、すぐ近くに行って気さくに話しかけられるかっていうと緊張しちゃうし、話しかけるのもちょっと勇気がいる。で、プライベートの性格としては、底抜けに明るいかっていったら明るいというよりも、ほんわかしてますって感じで。

──そこからキャラクター作りが始まったと。

現状がわかったから、自分がなりたい「うたのおにいさん」を目指していきましょうと。でも年を重ねる毎に、うたのおにいさんを演じるという感覚よりは、自分もそのうたのおにいさんになっていった、という感じで、全部ひっくるめて「横山だいすけ」=「だいすけおにいさん」になっていったという感じですね。

──今となっては自分そのもの。

バラエティーに出て「お兄さんほんまはそんなんやないでしょ」みたいにつっこまれても、でも9年間もこれをやってると普通の感覚だなって。例えば信号がチカチカしたら渡らないとか、僕としては当たり前のことが、「いやチカチカしたら普通走るやろ」って言われたり・・・。それが卒業したから変えるかって言っても、そうやって生きてきたことが苦ではなかったので、このままで僕は何かを拡げていけば良いだけなのかなって。

──最初に自分が目標としたおにいさん像に、9年間でどれくらい近づけましたか?

90%ぐらいですかね。

──あと10%は何が足りなかったんですか?

何か足りないというより、横山だいすけという要素のなかに、底抜けに明るいっていうのはあんまりなかったな(苦笑)。やってみてはいたんですけど、何かキャラクターとかコスプレをすることでそっちの要素には行ったんですけど、だいすけおにいさんとしては、ほんわかしている自分とそんなに変わらなかったなって。自分が自然でいられたっていうのが思っていたのとは10%違った。それが自分のなかでの正解だったのかな、自分が心地よくいられたので。

──それが苦もなく、疑問に思うこともなくやれたってことですね。

子どもたちと一緒にいる瞬間って言うのは幸せだなって。そう思い続けられるっていうのは自分にとって間違ってなかったんだなって思います。また、新たな形でいろんなことをチャレンジしたいって思えるのは、卒業しても「子どもたちに一生関わっていきたい」って思えるから。

──子どもと向き合うというのは、これまでも変わらないってことですね。

変わらないですね。

──それってファンであるお母さん、お父さんが一番望んでることですよね。

卒業してから、「方向転換した方が良いよ」とか「うたのおにいさんは現役の人がいるんだし、違う道を探した方が良いよ」って親切心で言ってくださる方がたくさんいらして。もちろんその可能性もいろいろ考えたんですけど、何か今まで持っていたものを捨てるというより、今まであったものをさらにふくらませて、横山だいすけにしかできない何かを作っていく方が人生が楽しいなって思いますね。

──9年間やるなかで、制約があったかと思うのですが、そういうものから開放されてやりたいことってありますか?

これから車の運転はやりたいと思いますね。別に制約ってわけじゃなかったんですけど、やっぱり事故すると大きな事になってしまうので、運転は気をつけて、と言われて全然やってなかったんですけど。卒業して、ちょっと運転してみたいなって。元々運転していたので、オフの日にドライブしたいですね。ほかは、苦に思っていなかったというのもあるので・・・。ほかの気をつけなくちゃいけないことも、「やって良いよ」ってなってもあんまりないというのが正直なところで。

──制約を受けてたという感じもなく、自然に。だから9年間やり続けられたんですよね。

たぶんそうじゃないかな。それは僕の時代にそんなに制約がなかったっていうだけで、もしかしたら先輩の時代にはもうちょっと厳しい制約があったのかも知れないですが。

「最高の思い出を自分と作ってもらいたい」横山だいすけ

──そんな子どもとの接点のひとつとして、今回のイベントを企画されたかと思いますが。「おかあさんといっしょ」でやってきたファミリーコンサートとは違うんですよね。

全然違うと思います。「おかあさんといっしょ」のカラーは決まっているので、それを楽しみにしてくれているみなさんが来てくれる。今回もおにいさんという存在は変わらないですが、共演者によって感じ方は変わってくるんじゃないかな。横山だいすけとして、新たな試みという感じですね。

──どのあたりが新たになるんでしょうか?

例えば、いままでのコンサートなどは、観て楽しんでもらうのが中心。今回はコンサートというよりもライブなので、みなさんが感じたまま動いたり踊ったり、声を出してもらえれば。選曲もいままで出来なかったディズニーソングやジブリソングもあって、大人の方が子どものときに聴いていたような「子どもソング」って言われるものを取り入れたり、あと昭和の歌謡曲とか。いままで自分が挑戦したことないものも、新たな試みですよね。

またゲストの方も鈴木福くん以外に、瀧本美織さん、たこやきレインボーさん、と自分が全く関わることのなかった世代と関わることで、どんな化学反応がうまれるのか。お客さんもファミリーだけじゃなく大人の方、中高生の方が来てくれたときに、どんな空気感になるのか・・・。全然わからないんですよね。どんなことになっちゃうんだろう。

──センターステージで、四隅に小さいステージもありますが

アリーナ席、スタンド席ってわかれてますけど、スタンド席の後ろの人たちにまでエネルギーが届くように、スタンド席も駆けまわりたいなと。出来ることはとにかくやってみよう、自分たちが良いなと思えるものをふんだんにいれてみて、ゼロからイチにする企画なので、せっかく足を運んでくれる人に、最高の思い出を自分と作ってもらいたい。お客さんだけど参加している1人になってもらいたいな。

──当日は、どうなるんでしょうね。

本当にどうなるのかは、僕もわからないです!

インタビュー後に本公演の演出家・岸本功喜氏も参加し、横山と見どころを話した。

岸本:横山だいすけのフィールドにアイドルの子たちも含め、ファミリー向けに寄ってくれているっていうのがすごくありがたいですよね。良い意味で新しい横山だいすけが見られるっていう会になってると感じます。彼が謙虚なので良いところを引き出せる、というのもあるんですけど、彼女たち(たこやきレインボー)にとっても大きなチャレンジだと思っていて。16歳から18歳と一緒に歌って、デレデレしてたもんね(笑)。

横山:(慌てて)デレデレしてないでしょ。汗だくですよ。突然振りますからねこの男は。突然振るから、僕はひやひやですよ。

岸本:突然振るところで、ワタワタしてる横山くんがかわいくて仕方ない。そういうところでもすごくポジティブなエネルギーが生まれたのも、本番の参考になるよね。この方向良いよねとか、何が起こるかわからないおもちゃ箱みたいなのが、予測できないもんね。当日会場を見るまで、お客さんの層もわかんないし・・・。

横山:わかれば、やりやすいんだけど。

岸本:(一般から募集した)リクエスト曲は、王道の曲が上にくるけど、ちょいちょいポップスや昭和歌謡とか・・・。楽しみやなと思って。これまでのお客さんも聴きたいやろし、初めて聴きにくれたお客さんも改めて横山だいすけがこんな歌を歌うとは、こんな曲にこんな魅力があるんだ、っていうのが気づきになるんじゃないかと思って。

横山:思ったね。わくわくしかない!

最終更新:4/8(日) 7:00
Lmaga.jp