ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

DeNA京山 球団初!デビュー2戦2勝「向かっていこうと」

4/9(月) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ DeNA5―3広島(2018年4月8日 マツダ)

 マウンドを降りると、チームメートから「ナイスピッチング」と声を掛けられた。高卒2年目右腕のDeNA・京山が5回2/3を4安打無失点で2勝目。デビューから2戦2勝は球団初の快挙だ。

 「この前よりも、状態は良かった。いい打線と分かっていたので、向かっていこうと。ミット目がけて思い切り投げました」

 最大のピンチは0―0の5回1死三塁。磯村を143キロ直球で二直併殺で仕留め、得点を与えなかった。直後に筒香の先制2ラン。一度も連打を許さないテンポのいい投球が、打線の援護を生んだ。

 1年目の昨季。マツダスタジアムでのCSファイナルSは遠く離れた横須賀市内の寮で観戦した。「凄い雰囲気だった」。この日も3万1282人の観客で真っ赤に染まったが、度胸満点の投球は健在だ。チーム一番乗りで2勝目を手にした19歳の快進撃。ラミレス監督も「2試合連続で素晴らしいパフォーマンスだ」とご満悦だった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/20(金) 16:15