ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

デフ・レパードのJ・エリオット「自分の葬儀でかけて欲しい曲」リスト

4/9(月) 12:44配信

BARKS

デフ・レパードのフロントマン、ジョー・エリオットは、自分の葬儀でかけて欲しい音楽のリストを作っているそうだ。

◆デフ・レパード画像

大好きなモット・ザ・フープルをはじめ、こんな曲をかけたいという。彼は『Music And Me』ポッドキャストでこう話した。「すでに遺言に書いてあるよ。センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドの“Anthem”。もちろん、モット・ザ・フープルの“All The Young Dudes”。それに、モット・ザ・フープルの“Rest In Peace”は多分、当然の選択だ。でも、素晴らしい曲だよ。自分のヴァージョンを録音して、それをかけてもらうかもしれない(笑)」

「モンティ・パイソンの“Always Look On The Bright Side Of Life”みたいなものは(英国の葬儀では)かかり過ぎてる。でも、俺も涙を笑いに変えるようなアイコニックな曲をはさむかもな。なんかクレイジーなものを混ぜたい。それが何なのかはまだわからない。“Dudes”と“Anthem”は壮大だ。“Dudes”は葬送行進曲っぽくないけど、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドの“Anthem”はドラム・ロールにピアノ、それにバグパイプもある。年越しの曲みたいだ。すごくスコットランド的だ。俺の遺灰が彼方へ飛んでいくのに相応しい曲のように思う。まあ、まだまだ先のことであるのを願っているが」

モット・ザ・フープルの大ファンであるジョー・エリオットは、彼らのトリビュート・バンド、ダウン・アンド・アウツを結成しており、カバー・アルバムをリリースするだけでなく、モット・ザ・フープルのオープニング・アクトを務めたこともある。

Ako Suzuki

最終更新:4/9(月) 12:44
BARKS