ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

麻耶「妹ではなく私を召せば…」の心情吐露 それでも約束「今を生きる」

4/10(火) 13:56配信

デイリースポーツ

 フリーアナウンサーの小林麻耶が10日、ブログを更新し、「神様がいるならば、妹ではなく私を召せばよかったと思う」とつづり、改めて「生かされているこの命を最大限に輝かせるためには『今を生きる』しかない」と、亡くなった麻央さんの分まで生きることを約束した。

【写真】麻央さんも…海老蔵ファミリー 家族4人で笑顔の記念写真

 ブログによると、麻耶はNHKのニュースで、アフラックのCMにも出演し、3月に亡くなった山下弘子さんのVTRを見たといい「弘子さんが伝え続けたメッセージ『今を生きる』」という言葉をつづった。

 そして「結婚して幼い子供が2人もいる妹と独身の私。神様がいるならば、妹ではなく、私を召せばよかったと思うのです」と、麻央さんではなく、独身の自分が天に召されれば良かったという思いをつづった。

 それでも麻央さんは亡くなり、麻耶は生きているという現状に「生かされているこの命を最大限輝かすためには『今を生きる』しかないですね」と、山下さんの言葉を噛み締め、麻央さんの分まで「今を生きる」と約束した。

 このブログにファンからは「あまり自分を責めないで」「私を召せばなんて言わないで」「麻耶ちゃんがいなくなってしまうのもとても悲しい」「生かされているものは精一杯生きましょう」など、心配するコメントが相次いでいた。