ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

真木よう子「笑ったら、まあいっかって」1月に所属事務所から独立

4/10(火) 7:04配信

スポーツ報知

 1月に所属事務所から独立した女優の真木よう子(35)が9日、都内で行われた映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、6月22日公開)の完成披露試写会に出席した。公の場は昨年7月、フジテレビ系主演ドラマ「セシルのもくろみ」の制作発表以来となったが、独立について語らなかった。

 映画は小さな焼き肉店を舞台に、時代に翻弄されながらも強く生きる家族を描く。劇中のセリフ「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる」にちなみ、舞台あいさつでは「明日を前向きに生きる秘けつ」について「笑うこと」と記した。「不安とか、いろんなことがあるかも分からないけど、考えてもしょうがない。笑っとけと。笑ったら、まあいっかってなりません?」と語った。

 現在フリーで活動しており、映画「孤狼の血」(白石和彌監督、5月12日公開)にも出演している。7月頃まで前事務所が活動をサポートするが、新規の仕事については個人で取り組む。

最終更新:4/13(金) 13:59
スポーツ報知