ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【楽天】松井、今季5試合目の登板で初セーブ 節目の100Sに残り3

4/10(火) 22:35配信

スポーツ報知

◆オリックス2―4楽天(10日・京セラドーム大阪)

 楽天の守護神・松井裕樹投手(22)が、今季5試合目の登板で初セーブを挙げた。

 2点リードの9回に4番手で登板。先頭の小谷野に4球連続ボールで四球を与えたが、後続を味方の好守などもあって抑えて試合を締めくくった。2三振を奪うなど好投を見せた左腕は「内容よりもまずは1個セーブがついたのがよかった」とうなずいた。

 苦しんでたどり着いた1セーブだ。開幕戦では1点リードの9回に登板も同点打を浴びると、3日の日本ハム戦、7日のソフトバンク戦(ともに楽天生命)では同点の場面でマウンドに上がるも勝ち越しを許して2敗を喫した。なかなか結果が出ない中でも多くの先輩に励ましの声をかけてもらったといい「いろんな人に支えられて、最後にマウンドに上がっているということを改めて感じた期間だった。先輩たちと勝って喜びたいと思ったし、もっともっと自分の力がチームのためになるようにと思った」と胸の内を明かした。

 この日もマウンドで今江や銀次が声をかけるシーンが見られたが松井は「叱咤激励です」と笑っていた。今季初セーブで通算97セーブ目。節目の100セーブに残り3とした。

最終更新:4/18(水) 12:41
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/20(金) 23:50