ここから本文です

全国初デニムの新制服で入学式 岡山・関西高「誇り持ち着こなして」

4/10(火) 22:10配信

山陽新聞デジタル

 関西高(岡山市北区西崎本町)で10日、入学式が行われた。岡山県内で生産が盛んなジーンズにちなんだ制服を本年度から導入しており、デニム生地を使った濃紺のブレザーに身を包んだ新入生362人が初登校した。

 同高は県内唯一の男子校で、1887年の開校以来、詰め襟学生服だったが、創立130周年を記念して特徴ある制服で雰囲気を変えようと一新。ブレザーは、シンボルマークのワシのエンブレムを胸に配し、スクールカラー・えんじのステッチを施した。

 式で砂川芳毅校長は「岡山は国産ジーンズ発祥の地。岡山に誇りを持ち、スマートに着こなしてもらいたい」とあいさつ。普通科の男子(15)は「思っていた以上に軽くて動きやすい。この制服をきっかけに、さらに岡山のデニム製品が有名になれば」と話した。

 同校によると、デニム生地を使った制服は全国初。倉敷市児島地区のメーカーが製品化した。