ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

巨人・山口俊 古巣DeNAに意地 130球熱投7回1失点

4/11(水) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 巨人3―4DeNA(2018年4月10日 東京D)

 巨人の先発・山口俊は役目を全うした。7回を5安打1失点。序盤に粘られて球数は増えたが「疲れは全然なかった」と130球の熱投で試合をつくった。

 初回のコンタクトレンズを交換するアクシデントも何のその。5回に先制点を許したが「最少失点に抑える。次の1点は与えないように」と気持ちをリセットした。150キロを超える直球で押し、昨季は4回6失点KOを食らった古巣を封じた。

 ▼巨人・長野(1点を追う7回。1死一塁から一時は逆転の1号2ラン)いい形で次のバッターにつなごうと思った。(山口)俊が頑張っていたし、その俊の代打だったんでね。

スポーツナビ 野球情報