ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

エアバス、A380のドアを一部無効化してビジネス/プレエコの座席数を増やす「キャビン・フレックス」

4/11(水) 15:53配信

Impress Watch

 エアバスは4月11日、A380型機の一部のドアを機能させないことで、追加の客室スペースを確保するオプション「キャビン・フレックス(A380 Cabin-Flex)」を発表した。新造機にも既存機にも適用可能で、カンタス航空が同オプションのローンチオペレータとして、2019年半ばから自社のA380型機に導入するという。

【この記事に関する別の画像を見る】

 キャビン・フレックスは、A380型機の2階席ドア3を機能させないことで追加の客室スペースを確保、座席を追加するオプション。既存のA380型機のレイアウトと比較すると、ビジネスクラスを7席、プレミアムエコノミークラスなら11席増やすことができる。

トラベル Watch,編集部:松本俊哉

最終更新:4/16(月) 12:22
Impress Watch