ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

小池都知事が「池の水抜く!」参戦!…日比谷公園・心字池で「入るしかないでしょう」

4/12(木) 8:03配信

スポーツ報知

 東京都の小池百合子知事(65)が22日に放送されるテレビ東京系人気番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」(日曜・後7時54分)に出演。東京・日比谷公園の心字池の水抜きに参戦することが12日分かった。

【写真】泉谷しげる、テレ東に「池の水ばかり抜いているんじゃねーぞ!」

 今回から月1回のレギュラー放送となった同番組。昨年9月3日放送回で池の水を抜いた日比谷公園の雲形池から佐賀藩鍋島家の家紋が描かれた瓦が発見されて大きな話題を呼んだが、今回は、生物調査実施のため日比谷公園のもう一つの池・心字池の水を抜くことになった。

 今回、小池知事は胴長を着て水の抜けた池に入り、生物捕獲に堂々参戦。共演の的場浩司(49)と生物調査のために集まった地元の小学生に「東京都にはたくさん都立公園があり、たくさん池があります。(都では)それを綺麗にしていくことをやっています。また、特定外来生物が在来種を食べて駆逐してしまっているので、東京の自然を取り戻すということからお手伝いしたい、というか皆さんにお手伝いしていただきたいと思っています」と笑顔で語った。

 的場に「入る気満々ですね」と言われると「入るしかないでしょう。今日は」と苦笑しながら、水の抜けた池の中へGO!。自ら網をもち、泥だらけになりながら、肥大化した鯉などの捕獲を行った。

 作戦終了後は「(池に入った感想は)まずは大変だということと、生き物は、外来(種)も在来(種)も必死になって生きてるな、と思いました。でも、しっかり、ここは外来種を駆除することによって、在来(種)をしっかり守っていくことが必要だな、と改めて思いました。」と話していた。

最終更新:4/12(木) 8:30
スポーツ報知