ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

『水曜日のダウンタウン』出演の鈴木ふみ奈、素肌にラップを巻き付けた姿公開「チャレンジな企画だったから、テレビの前で緊張してた」と心情吐露

4/11(水) 23:17配信

デビュー

 タレントの鈴木ふみ奈が、11日放送の『水曜日のダウンタウン~こち亀検証SP~』(TBS)に出演。「ラップを30cm巻けば裸は見えなくなるのか?」の検証にガチで全裸で臨み、文字通りスタジオで身体を張ったことを自身のツイッターで振り返った。

【写真】素肌にラップを巻いた鈴木ふみ奈

 鈴木は『水曜日のダウンタウン』では過去に、「グラビアアイドルでも芸人の言う通りにコメントすれば面白い説」(2016年6月)で、空気読めない発言でネットを炎上させたり(実際の発言は博多大吉の指示によるもので、鈴木の演技力で視聴者をまんまと騙したのだが)、「びんぼっちゃまスタイルの服、立ち回り次第でバレずに1日過ごせる説 第2弾」(2017年4月)で後半身を大胆に露出し抜群のスタイルで注目を浴びるなど、常にインパクトを残してきた。

 今回は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で麗子が身体に30cmの厚さでラップを巻いて裸を隠したエピソードに由来した検証。カーテンのなかの全裸の鈴木に直接ラップを巻き付けていき、どこまでの厚さになったら裸が見えなくなるか?を検証するというもの。ラップを巻くのは女性芸人バービーの役目。途中「ボンキュッボンだから足りるかな~?」「キレイなお豆だわ~」「ひょっこりはんしちゃった(笑)」などと意味深な発言をしつつ、ラップを巻いていくバービー。その間、背中の部分やおへその部分を試験的に見せるサービスショットも。

 肌に直接ラップを巻くことでかなりの暑さになり、汗で滑って落ちそうになったりするハプニングを乗り越え、共同作業でラップを巻いていく鈴木とバービー。最終的には76周巻いたところで完璧に見えなくなった。その姿はメタリックなワンピースそのもの。原作漫画では30cm巻いていたが、実際は厚さ2.49mmでOK。「ラップは意外と隠せる」という結果になった。バービーが「最初は少しぐらい見えたほうがいいかと思ったけど、途中からマネージャー気分になって“守らなきゃ”って思った」と語ると、鈴木も「優しい…」と、検証を成し遂げた2人だけの絆(?)が生まれていた。

 鈴木はオンエア後にツイッターを更新。「『水曜日のダウンタウン ~こち亀検証SP~』を観て下さった皆様ありがとうございました。相方のバービーさんは優しくて面白い素敵な方でした。体を張った企画だったし、ラップで隠れるのっ?って不安とドキドキでしたが無事に隠れたよ。透けてるもので隠すグラビア挑戦してみたくなった!笑」とコメント。一方で「実は…自分的にはチャレンジな企画だったから、テレビの前で緊張してた(´・ω・`)」と、ガチで全裸で臨んだ企画に対して素直な心情も明かした。ファンからは「セクシーでした」「こっちもガチ裸で挑むと思わなくて収録とはいえ事故らないかドキドキしてました」「バービーとの乳首談話がメチャ笑えました」「バービーさんの優しさに感謝」といったコメントが寄せられている。

 もはや『水曜日のダウンタウン』専属グラドルと呼んでいいのではないか?と思える、鈴木ふみ奈。今回の出演でさらに認知度がアップしたはず。今後どんなセクシーな姿を見せてくれるか楽しみだ。

 

最終更新:4/12(木) 12:24
デビュー