ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

原発比率「20~22%」は現実的か エネルギー戦略議論の「突っ込み不足」

4/12(木) 7:00配信

J-CASTニュース

 将来の日本がどのエネルギー源にどれだけ頼るのかを巡る議論が進んでいる。経済産業省が二つの有識者の組織で検討しており、太陽光など再生可能エネルギーを主力電源にする大きな方向性ははっきりしているが、原発の位置づけなど、相変わらず曖昧さも付きまとう。

 議論の舞台は、法律に基づく諮問機関である「総合資源エネルギー調査会」(経済産業相の諮問機関)の基本政策分科会(分科会長・坂根正弘コマツ相談役)と、有識者の意見を聴くために設けた「エネルギー情勢懇談会」(委員8人)の二つ。

■「エネルギー基本計画」の改定作業

 エネ調分科会は3年に一度の「エネルギー基本計画」改定作業をしている。前回計画は、2030年の電源構成を、再生エネ(水力発電を含む)22~24%、原子力20~22%、火力56%とした。今回のこれまでの議論で、再エネを「主力電源」と初めて位置づけ、最大限導入していく方針を打ち出すと同時に、原発については引き続き「重要なベースロード(基幹)電源」と位置付け、全体の目標数値は現行計画を維持することになった。今後、詰めの議論を進め、18年夏を目標に「基本計画」の改定版を閣議決定する。

 他方、「懇談会」は2050年と、より長期の国のエネルギー戦略を議論しているもので、18年4月に提言をまとめ、「基本計画」に反映させる。30年までの政策の方向性を示す基本計画の、さらに先をにらんだ政府戦略となる。3月30日の懇談会の第8回の会議から提言とりまとめの議論に入った。

 経産省の素案は、一言でいうと、「基本計画」同様に再エネを主力電源化する一方、原発は温室効果ガス削減のための「選択肢」とし、依存度を下げつつ温存する方針を示している。具体的に、再エネが価格低下などによって「主力化への可能性が大きく拡大している」と位置付けている。ただ、天候などにより発電量の変動が激しい点などが課題だとして、蓄電池や水素技術の革新、ITによる電力システム刷新、再生エネを受け入れられる送配電網の整備や効率化などを挙げている。原発については、「脱炭素化の選択肢」として、人材や技術維持に取り組む必要性を明記。火力発電など化石エネルギーは「過渡期における主力」としつつ、非効率な石炭火力などを順次廃止する考えを示した。電源構成などの数値目標は盛り込まない。

1/2ページ

最終更新:4/12(木) 7:00
J-CASTニュース