ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

世界一受けたい授業で、この夏恐竜を生体験

4/12(木) 16:43配信

チケットぴあ

人気TV番組『世界一受けたい授業』(日本テレビ)と実物大の恐竜ライブショー「DINO-A-LIVE」のON-ARTがタッグを組んだイベント「世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏!」が、全国5大アリーナにてこの夏開催。本公演に出演する芦田愛菜、八嶋智人、山崎樹範がイベントに向け意気込みを語った。

【そのほかの画像はこちら】

本公演は、子どもから大人までが学んで楽しめる観客参加型のエンターテインメントショー。会場に紛れ込んでしまった恐竜ラプトルの子どもを元の時代へ帰すため、芦田、八嶋、山崎が観客と一緒に古代の世界へタイムスリップするというストーリー。

これが初舞台となる芦田は「リハーサルはすごく緊張して不安だったんですけど、おふたりが隣にいらっしゃるだけで安心しました。私のミスを受け止めて、さらにおもしろくしてくださった」と振り返ると、八嶋は「訂正いたします。ミスはひとつもありません!」と否定。「とても頼もしくて、かわいらしくて、見ているこっちもウキウキしました」と太鼓判を押した。

恐竜たちと共演した芦田は「ホントにリアル。ラプトルは鳥がそのまま大きくなったような毛が生えてる恐竜で、目が合うとすごく怖かった」と明かした。山崎は「イベントでは恐竜が噛みついてくることもあるんですけど、噛まれるとその子どもはその年風邪をひかないと聞いてます」とコメントし会場を沸かせた。

亀田誠治が本公演のためにアレンジした『タイムマシンにおねがい』など、芦田は歌とダンスも披露する。「難しい振付のダンスもありますけど、みなさんに楽しかったと思ってもらえるように頑張ります」と意気込み十分。振付は「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」の演出を担当した金谷かほりが手掛け、各開催地の強豪校ダンスチームも参加する。また、恐竜学者の小林快次教授による講座や、番組の人気コーナー「アハ体験」もあり、盛りだくさんの内容となる。

会場には肉食恐竜のアロサウルスも登場。3人と取材陣を次々と威嚇し、まるで生きているような迫力のある動きで驚かせた。「ほかにもたくさん恐竜が出てきます。世界中どこに行っても見られない恐竜ばかり」(八嶋)、「恐竜に噛まれるという経験はここだけですから。こんな経験滅多にあるもんじゃない」(山崎)、「みんなで一緒に楽しみながら恐竜のいた時代について学びましょう」(芦田)とPRした。

「世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏!」は7月21日(土)・22日(日)神奈川・横浜アリーナ、28日(土)・29日(日)大阪・大阪城ホール、8月4日(土)・5日(日)愛知・日本ガイシホール、11日(土・祝)・12日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ、18日(土)・19日(日)福岡・マリンメッセ福岡にて、全28公演20万人を動員。チケットは本日4月12日(木)午後11時59分まで先行実施中。

取材・文:門 宏

最終更新:4/12(木) 16:43
チケットぴあ