ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【DeNA】筒香、乗ってきた3号!「平田さんが頑張っていたので何とか点を取りたかった」

4/12(木) 7:05配信

スポーツ報知

◆巨人3―6DeNA(11日・東京ドーム)

 両軍スコアレスの6回2死一塁。打席のDeNA・筒香は主将の責任を果たそうと必死だった。「平田さんが頑張っていたので、何とか点を取りたかった」

【写真】乙坂に逆転の2点二塁打を打たれた沢村

 5年目でプロ初先発だった平田は、もう降板が決まっていた。5回無失点の快投を演じた右腕に、勝ち投手の権利をつけてあげたい。初球の内角高めにも、日本の主砲は動じない。3球目、外角高め141キロに思い切り踏み込んだ。アーチスト特有の高い放物線を描いた打球は、ベイ党が待つ左翼席の中段に飛び込んだ。1、2号を連発した8日の広島戦(マツダ)以来、2試合ぶりの3号先制2ラン。いつも通り、表情を変えずにダイヤモンドを回ると、次打者ロペスといつものヒップジャンプ。ベンチから身を乗り出して出迎えた平田と、笑顔でハイタッチを交わした。2番手・パットンがリードを吐き出し、平田の勝ちは消えたが、力投に報いる一撃に、主砲は「うまく打てたと思います」とうなずいた。

 チームは開幕3カードで3勝5敗と、スタートダッシュに失敗。自身も7試合までノーアーチと出遅れた。キャンプから取り組む打法改造はまだ試行錯誤の段階。2連発の後も「しっくりきてない部分もある。悪くはないけど、あんまり良くはない」と、前向きな言葉は出なかった。それでも、巨人との初対戦だった前日に続き、この試合もマルチ安打と、状態は確実に上向きつつある。

最終更新:4/16(月) 21:32
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/20(金) 16:00