ここから本文です

石川遼が単独首位発進 重永亜斗夢らが1打差

4/12(木) 17:54配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 初日(12日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

【画像】石川遼の最新シューズ

2018年の日本男子ツアーが1月のアジアシリーズ2試合を経て再開。今季の国内開催初戦で石川遼が8バーディ、ボギーなしの「63」で回り、8アンダーの単独首位スタートを切った。

今季、選手会の会長に就任した石川は前週のツアー外競技「千葉オープン」、「岐阜オープンクラシック」(いずれも2日間競技)で2連勝。6年ぶりの出場大会でツアー通算15勝目へ向け絶好の位置で滑り出した。

1打差の2位タイにツアー、ともに初勝利を目指す重永亜斗夢とタンヤゴーン・クロンパ(タイ)。さらに1打差、6アンダー4位に川村昌弘と片山晋呉が続いた。今平周吾、時松隆光らが5アンダー6位タイにつけた。

<上位陣と主な選手の成績>
1/-8/石川遼
2T/-7/重永亜斗夢、T.クロンパ
4T/-6/片山晋呉、川村昌弘
6T/-5/チョ・ミンギュ、塚田好宣、今平周吾、時松隆光
10T/-4/市原弘大、古田幸希ほか