ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【オリックス】6連敗目前で追いついた!9回2死から代打・伏見が同点二塁打

4/12(木) 7:05配信

スポーツ報知

◆オリックス2―2楽天=延長12回引き分け=(11日・京セラドーム大阪)

 オリックスが6連敗目前で踏みとどまった。今季初の延長戦。12回2死一、二塁のサヨナラ機で小島が一ゴロに倒れると、球場内にため息がもれたが、懸命にもぎ取ったドローに悲観的な空気はなかった。1点を追う9回2死二塁に代打・伏見が左越え同点二塁打。伏兵の一打に福良監督は「すごいですね。大したものです」と最敬礼した。

 3度のサヨナラ機で一打が出ず、4日のロッテ戦(京セラD)以来の勝利には届かなかったが、光明は見えた。37歳のベテラン・小谷野が9回2死三塁でライナーを好捕。延長10回無死一塁には、若月がバントゴロを併殺に仕留めるなど好守でピンチを防いだ。指揮官は「そういうことをきっちりやれば、あしたに生かされる。いい風が吹いてくるんやないですか」とトンネル脱出へ希望を見いだした。

 投手は7人をつぎ込み、野手は伊藤以外を出場させた総力戦は4時間37分に及んだ。2点ビハインドから追いついたのは今季初。5連敗を止めることはできなかった福良監督だが、「勝ちきりたかったが、よく追いついた」と戦い抜いたチームをたたえた。(原島 海)

最終更新:4/13(金) 18:45
スポーツ報知