ここから本文です

<本田望結>劇場版アニメ「リズと青い鳥」で1人2役 「びっくりした」山田尚子監督のオーダーとは?

4/14(土) 9:00配信

まんたんウェブ

 劇場版アニメ「映画 聲(こえ)の形」などの山田尚子さんが監督を務めた劇場版アニメ「リズと青い鳥」が、21日に公開される。吹奏楽がテーマのアニメ「響け!ユーフォニアム」に登場する鎧塚みぞれと傘木希美を中心とした物語。本田望結さんは、みぞれらの演奏する曲「リズと青い鳥」と同名の童話に登場するリズと、青い髪をした不思議な少女の2役を演じた。アフレコの際、山田監督に「2人の声を変えないでほしい」と言われ「びっくりした」と語る本田さんに、アフレコの様子や本作の見どころを聞いた。

【写真特集】窓辺の本田望結が可愛い! 全身ショットも

 ◇1人2役を「声を変えずに演じる」難しさ アフレコで「涙があふれそうに……」

 アニメは、武田綾乃さんの小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」(宝島社文庫)が原作。北宇治高校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、高校最後のコンクールを控えていた。その自由曲として選ばれたのが「リズと青い鳥」。童話を基に作られたこの曲にあるオーボエとフルートが掛け合うソロで、2人はうまくかみ合わず……という物語だ。アニメ「響け!ユーフォニアム」「映画 聲の形」と同じく、京都アニメーションが製作する。

 みぞれと希美の2人を中心に描かれるパートと、劇中に登場する童話の世界を表現したパートがあり、本田さんは童話のパートでリズと少女を演じた。今回声優としての出演が決まった時、本田さんはうれしさと共に「どういう感じでやるんだろうという疑問が大きかった。声を変えたりしたほうがいいのかなと思っていた」という。ただ、実際アフレコ現場で山田監督に会った際、「そんなに2人の声を変えないでほしいと言われたんです」と振り返る。

 童話「リズと青い鳥」は、両親を亡くし一人で暮らしているリズの元に、ある日、青い髪をした不思議な少女が現れる。2人は一緒に暮らし始めるが、リズは青い髪の少女のある秘密を知ってしまう。自分にとっての幸せと、少女にとっての幸せを考えたリズは、愛ゆえに自らの手で幸せな日々を終わらせる決断をする……という展開。

1/2ページ

最終更新:4/14(土) 9:00
まんたんウェブ

Yahoo!ニュースからのお知らせ